中小企業向け無担保融資

中小企業向け無担保融資について。

銀行は、中小企業に対する融資を無担保で行うことがあります。これを中小企業向け無担保融資といい、担保がなくても銀行から融資を受けることが可能です。

90年代に導入された早期是正措置などの影響を受け、銀行は自己資本比率を高める必要がありました。銀行が自己資本比率を上げるための方法に、融資を打ち切ったり新規の融資をしないという手段があります。

そのため、返済能力に少しでも不安がありそうな会社への融資をやめることで融資の不良債権化を減らすという方法を各銀行が取っていました。そのため、貸し渋りが各地で発生したのです。

今まで利用してきたカードローンに関わる全ての情報は信用情報機関に全て記録されています。審査には、借りている件数や金額が多いほど通りにくくなりますし、さらに延滞などがあったら審査は通らないということもあり得ます。

銀行側としても、リスクの少ない中小企業に融資をして利益を上げたいのです。実際のところ、中小企業向け無担保融資にどれくらいの融資をあてているかは、各銀行によって違います。中小企業が何に対して無担保融資を用いるかに関しても、銀行のあり方は様々です。中小企業向け無担保融資を上手に活用することによって、各企業は事業拡張の資金にも、経営の立て直しにも、色々な方面に役立てることができます。

無担保融資とは

無担保融資とは担保がなくても借り入れができる融資のことです。

融資を受ける際に、万が一にも返済義務が果たされなかった場合に備えて債権者に提供しておくものが担保です。融資の保険として契約に入れるものといえるでしょう。

何らかの要因で返済の続行が不可能になった場合、お金を借りた人が所有している財産は競売などでお金に換えられ、それを貸した側が応分によって分配する取り決めをしておきます。その財産のことを担保と呼ばれます。

担保は土地や家という形がよく知られていますが、貴金属や芸術品も担保になります。高額の融資を受ける時は担保に求める金額が多く、土地や家屋を担保に入れることも多いようです。

けれどどんな方法でも、気を抜き過ぎないように注意しましょう。借金返済に対する責任の重さには変わりないからです。

キャッシングローンの融資金額は少額ですから無担保ですが、大口融資の場合無担保はほとんどありません。逆に、担保を必要とせずに大口の融資が可能な金融会社があった場合、貸し付け条件や会社の信用についてもう一度見直してみましょう。簡単に考えても無担保でありながら高額な融資ができるのには、金利が高い等のデメリットもあるので、しっかりと比較検討することをおすすめします。

日本政策金融公庫の無担保融資

日本政策金融公庫は、銀行や消費者金融会社とは別に、担保を必要としない融資を行っている政府系の金融機関です。

日本政策金融公庫では教育に関する一般貸付も行っており、教育ローンを組むこともできます。しかし、融資には税金が使わるため、確実な返済が見込めないところへの融資は見送られます。

審査に通ることが難しく、申し込みから融資まである程度の時間がかかる理由がここにあります。この日本政策金融公庫が無担保で貸し付ける融資が、新創業融資制度です。

新創業融資制度とは新たに事業を立ち上げる、または事業を始めて間もないところへ無担保、無保証人で受けることのできる融資です。新創業融資制度の最大の特徴は、やはり無担保、無保証人であることではないでしょうか。

無担保での融資を検討視野に入れているという人は、まずは日本政策金融公庫に条件内容等を確認することをおすすめします。

© 2020 お金で買える幸せは全部買え