住信ローン

育児休暇中住宅ローン 育児休暇中の住宅ローンについて 私の知人のこ...住信 ローン

住信SBIネット銀行で住宅ローン

住信SBIネット銀行で住宅ローン勤続2年[※前職も同じ会社で3年」年齢35 妻 子供2人年収500万借入2300万「中古戸建」借金なし同じような条件で本審査通った方いますか?審査の基準はそれぞれ違うとは思いますが、現在審査結果待ちで不安な気持ちで毎日過ごしているものです。
参考までに教えて下さい宜しくお願いいたします

こんにちは、専門家です、カテゴリマスターです審査はやや厳し目の同銀行ですが、拝見した限り、そのような条件でも十分審査にとおった方は多数知っています。
キーポイントは、物件の担保評価と、勤務先、その他の借入でしょうねあと、専門的な知識をお持ちならさらに強みが出ると思います。
職歴などのヒアリングがあるかもしれませんが、同一業種のキャリアアップが確認できればさらによいでしょう。

住宅ローン減税について質問します。

住宅ローン減税について質問します。
仮に、2000万円を固定で1%未満(例えば住信SBI銀行当初固定10年0.98%)で借りた場合、コンスタントに年間に150万繰り上げできる余力があるなら、住宅ローン減税分、毎年150万ずつ返済より10年目に1500万返した方がメリット大きいですか?(手元に現金がある、債務者がその間に亡くなったらローンチャラなど)*上記の返済パターンで10年で完済できる、という場合です。

手元に現金があるとか死んだらローンがちゃらの話は必要ないでしょう。
そのようなメリットを考慮するまでもなく、繰り上げ返済により、払う利息が減る以上に受け取る還付金が減るのだから、この時点で繰り上げ返済は純粋に損です。
(ただし、控除を満額受けられる条件として20万円以上の納税を仮定しています。
)団信料が金利に含まれてると考えれば、実質的にはより低金利ということになり上の差は広がります。
手元の現金を預金や国債で運用すればさらに差は広がります。
言い方を変えれば、金利が1.5%とかであっても、繰り上げ返済しないほうが得ということです(10年もの国債の利回りは0,8%以上)。
保証料の返戻金がある場合でも、団信の分がちゃらになるくらいでしょう。

はい、そう思います!!>

住宅ローン仮審査落ちについて教えてください。

住宅ローン仮審査落ちについて教えてください。
昨日、住信SBI銀行ネット専用住宅ローンの仮審査をしたところ、審査に通りませんでした。
いろいろ思い当たることはあるのですが、何が一番の要因なのか知りたくて質問いたします。
夫 40歳 介護職 転職直後(三ヶ月)前職も介護職で契約社員 前年度年収216万円 (転職後は年俸278万円契約、正社員)家族構成 妻 39歳 子 0歳 希望購入物件 中古マンション(公団系) 800万円 築27年 エレベーターなし5階建て5階 自己資金68万円(諸費用分として)返済期間20年、固定金利、元利均等方式妻の私は働いて年収300万円ほどありますが現在任意整理中(独身時代の借金)でして、収入合算等不可なので夫のみでの申し込みです。
夫は他に借り入れなど一切ありません。
比較的通りやすいと言われた住信SBI銀行での仮審査落ちなので、かなり落ち込んでいます。
・転職直後・前年度収入が低すぎる・物件の資産価値がない・妻が任意整理中(仮審査申し込みには私の名前、生年月日も記入しました。
連帯保証人でもなんでもないですが、個信情報で引っかかったのでしょうか…)・自己資金が少ない 審査が通らなかった一番の要因はなんでしょうか? 自己資金は350万円までは増やすことは可能ですが、いざという時のために200万円を上限にしたいと思います。
勤続年数が問題なら、三年後くらいに再チャレンジするつもりですが…。
どなたか詳しい方、教えてくださいませ。
補足早速のご回答ありがとうございます。
私の任意整理中がわかったということですか?同じマンションで580万円の物件もあります。
築、面積など条件は同じ。
借り入れ額を減らし、自己資金を増やせば可能性はあるでしょうか?また、仲介業者提携のローンの方が通りにくい印象がありますが…。
ちなみに連帯保証人を付けるのはかなり難しいです。

銀行系等では、勤続3ヶ月が引っかかってしまいます。
職種なども考慮に入れると、最低、1年は欲しいところです。
1部上場企業や公務員、看護師等の有資格者等だと勤続6ヶ月程度でも通る事ありますが・・・。
今すぐの購入であれば、フラット35を使えばローンを組むことが可能です。
ただし、フラット35ですと、今回の物件が対象にならないと思いますので、フラット35の使える物件を購入してください。
ファミリーライフサービス+諸費用ローン等を使うことで最初の頭金を押さえても購入は可能だと思われます。
また、ネット銀行は、審査がブラックボックスで、比較的通りにくいです。
仲介業者の提携ローンの方が通りやすいです。
また、返済年数が20年では、年収に対しての返済比率が引っかかってしまいます。
最長(35年になるでしょう)で、申込をしてください。
実際には、繰り上げ返済などで20年で返せばよいでしょう。

奥さまの任意整理は連帯保証人になっていないので基本的には関係ないです。
極端な例でいいますと自己破産されていても連帯保証人になっていなければ個人信用情報を調べられることはありません。
個人信用情報を調べる場合は必ず本人の同意も必要ですし。
ただし現在任意整理中の借入先の中に今回申し込みした銀行の系列の会社があれば任意整理中の情報を持っている(情報の共有)可能性はありますので独自の情報を調べることは可能ですから完全否定はできません。
私個人的には勤続年数の問題のような気がします。
一般的に住宅ローンは勤続年数3年以上とされているところがほとんどです。
同じ職種での転職とはいえ転職してまだ3カ月では短すぎます、最低でも1年以上ほしいところです。
もう一つ考えられるのはやはり物件の担保価値でしょうか、築27年ということですから。
それから仲介業者の提携銀行のほうが通りやすいと思いますが?
勤続年数がが1年未満ですので難しいとは思いますが一度相談してみる価値はあるかとい思うのですが…。>satsukiyamanekoさん5
マンションの価値が無いのと転職直後であることですね。
あなたは関係しません。
転職してから3年後にもう一度申し込むと良いでしょう。
仲介業者提携のローンのほうが通ります。
連帯保証人は不要です。>お疲れ様です。
>審査が通らなかった一番の要因はなんでしょうか?
書かれていること全てです。
また、ネット専用ローンだからということもあります。
仲介業者の提携ローンの利用はいかがですか?
ご検討ください。>

至急教えてください。

至急教えてください。
今、住信SBIの住宅ローン借入申込書を記入しているところです。
ローン借入申込書が提出用とお客さま控の二枚組複写になっていますが、このお客さま控えは送らず自分で保管しておいていいのでしょうか?別の、個人情報の取扱いに関する同意書のお客さま控えには、「お手元で保管ください。
当社への送付は不要です」と記載があるんですが、借入申込書のお客さま控にはそのように書いてないので、どうしたらいいのか悩んでます。
お客さま控なんだから、多分送らなくていいとは思うんですが…

送りません。
記入後に切り取り大事に保管です。

住宅ローンの契約について、住信SBIネット銀行の変動金利が魅力を感じています...

住宅ローンの契約について、住信SBIネット銀行の変動金利が魅力を感じていますが、いわゆる1.25倍ルールが適用されるのかHPをみても判別できません。
ご存じのかたがいましたら教えてください。

1.25倍ルールは金融機関全体のルールですので、適用になりますのでご安心ください(^^)

楽天カードローンの審査に落ちました。

楽天カードローンの審査に落ちました。
主人は自営業27年目。
年収はこの5?6年は1000万超ですが、確定申告では所得が年収の3分の1程度になっています。
今年に入ってから、色々な事情で2ヶ月程殆ど仕事が無く収入が激減し来月の支払いをすると生活費がゼロになります。
そこで、楽天カードローンに申し込みをしましたが、審査に落ちました。
実は、日本政策金融公庫に250万、住信SBIネット銀行のカードローンで186万の借入があります。
楽天カードローンの申込時に借換えのつもりで記入しましたが、借入の目的の所を「その他」にしていましたし、総額を600万にチェックを入れていました。
本来なら300万にチェックを入れるはずだったのですが、そのまま申込んでしまいました。
やはりこれは借りすぎなのでしょうか。
知り合いの自営業の方は割と簡単に借入などしているようですが、何が違うのでしょうか?来月の支払いの事を考えると違うカードローンに申込みするしかありませんが、申込みできるでしょうか?*住宅ローンが月約13万。
トラックが毎月3万支払いしています。
住宅ローンはあと3年、トラックは2年で終わります。
はっきり言って、1000万程度の年収では、所得税は何とかなっても、消費税や市県民税、個人事業税等が大きすぎてやり繰りが大変です。
しかも借入があるとなれば余計に大変です。
だからと言って、債務整理や自己破産はしたくないです。
借入という借金をしたのは去年が初めてです。

同じ自営業として、心中お察しします。
お金の問題には、何処も苦労されていますね。
それで、>今年に入ってから、色々な事情で2ヶ月程殆ど仕事が無く収入が激減し来月の支払いをすると生活費がゼロになります。
この色々な事情というのが問題なのですが、一体、何でしょう?ご主人の身体、健康上の問題でしょうか? 他者の取引先とか、仕入れを支払いが出来ないで、ストップされたとか、そういう外的な問題なのか?それによって、今後の商売の継続性、採算性が予想できますよね。
銀行は、返せない金は貸してくれませんので、それが問題です。
そして、去年から借り入れ体質になって、日本政策金融公庫から250万、カードローンで186万円ですよね。
そうすると、たぶん、この186万円がネックになっていると思います。
消費者金融は、年収の三分の一以上貸してくれませんが、銀行は適応外で、貸してくれてていました。
しかし、最近は、銀行のカードローンの貸し過ぎが問題になっていて、難しくなっている。
たぶん、どこの銀行のカードローンも厳しいでしょうね。
これが、1000万円の収入証明があれば、もっと可能なのでしょうが、三百数十万円しか出してないんですよね。
ですから、無理なんです。
>はっきり言って、1000万程度の年収では、所得税は何とかなっても、消費税や市県民税、個人事業税等が大きすぎてやり繰りが大変です。
しかも借入があるとなれば余計に大変です。
だからと言って、債務整理や自己破産はしたくないです。
<今が、分かれ道にあると思います。
借り入れ自体は、四百数十万円ですから、返済も不可能ではないと思いますが、このまま借金体質が続けば、ドンドン膨らんでいき、返済不能にすぐなるでしょう。
これくらいで、返済体質に変われるか? 借金体質が続くか? それが分かれ目です。
住宅ローンの終わる三年後までは、厳しいでしょう。
何処か貸してくれる所はないか? と、知恵を絞るより、お金を稼ぐ事を考えましょう。
くれぐれも闇金などから借りないように注意してください。

お金の借り入れより、2ヶ月も仕事無しでいる事が問題です。元請けの会社から仕事を止められているなら、新しい取引先を見つけるチャンスです。なぜ、チャンスを生かしていないの?しっかり、仕事をしているなら、仕事先から、着手金を受取る事も不可能では無いはず。まずは、ビジネスを見直すべきです。>借金を増やす事を考えずに、経営方針を考えた方が良いのでは?>赤字や税金滞納になる前にクロネコヤマトにでも務めにいったらどうですか?人手不足のようですししっかり給料も貰えますよ。>自営業の方は収入が安定しませんからカードローンの審査は厳しくなります。しかも年収の半分でも厳しいのに確定申告は300万円位なんですよね、今の借入ですでにオーバーローンですよ。>まあ最初から600万は無理ですよね?トータルしたら年収と変わらないですもん。審査が落ちた事は情報期間に載るため半年はどこも貸してくれません。>

新生銀行の住宅ローンについて。

新生銀行の住宅ローンについて。
妻が育休中ですが、借り入れは可能でしょうか?来年の四月に復帰予定です。
住信sbi ソニー銀行は不可とホームページに書いてありました。
借り入れ希望額4500万くらい二人とも公務員で年収は500ぐらいです。

新生銀行は審査はしてもらえると思います。
審査に必要な書類に「育休復帰後の収入を証明できる書類」と書いてありますから。
おそらく育休期間中は前年と前々年度の収入証明で仮審査、融資実行は復職後の給料明細を確認後…という流れになると思います。
(復職前の融資は一般的には難しいと思います。
公務員なので復職は確かだと思いますが、実際に復職するまでは何があるかわかりませんから)

イオン銀行の住宅ローン事前審査で仮承認が出たのに住宅ローン本審査で落ちました...

イオン銀行の住宅ローン事前審査で仮承認が出たのに住宅ローン本審査で落ちました。
イオン銀行の住宅ローン審査の基準が意味不明です。
それより仲介不動産会社の営業マンのアドバイスも意味不明というか無責任で困ってます。
「住宅ローン審査では携帯電話や車のローンの借金があると審査落ちになるから全部綺麗にしてから住宅ローン本審査を申込すべきだ」と仲介不動産会社の営業に言われたから住宅ローン事前審査で仮承認が出た後に携帯とオートローンの借金を全額返済して残高0円にしてから、イオン銀行の住宅ローン本審査を出しましたが審査に落ちてしまいました。
これじゃ泣け無しの貯金をはたいて既存借入を返済しただけで全く意味がありません。
イオン銀行の担当者や仲介不動産会社の営業マンに文句言っても意味ないけど悔しい気持ちでいっぱいです。
イオン銀行から違う銀行に切り替えて通る可能性ありますか?

住宅ローン事前審査で仮承認を得られても、イオン銀行と住信SBIネット銀行は、住宅ローン本審査で否決になることがありますので注意が必要です。
Yahoo!で専門家登録をして頂いているゼロシステムズの田中勲と申します。
みずほ銀行など都市銀行の住宅ローン事前審査では、個人信用情報も含めて審査を行なっていますので、住宅ローン事前審査がOKで本審査で否決になることは、ほとんどありません。
しかし、ネット系銀行(イオン銀行や住信SBIネット銀行)の住宅ローン事前審査では、全ての案件の個人信用情報を取得していないようです。
以前にイオン銀行の住宅ローン事前審査でご質問者様と同様に住宅ローン事前審査OK→本審査否決ということがあった際に、その時のお客様にCICに個人信用情報の開示を依頼して頂きまして内容を確認したところ、住宅ローン事前審査の時点で個人信用情報開示依頼の履歴が御座いませんでした。
このことから、このお客様の住宅ローン事前審査の段階では、イオン銀行は、個人信用情報を確認していないということが判明しました。
従って、ネット系の銀行の住宅ローンを第一希望にする場合は、みずほ銀行など都市銀行の住宅ローン事前審査も並行して申込みする必要が御座います。
さて、今回のご質問者様は、住宅ローン本審査で否決となったようですが、否決の原因に心当たりは無いでしょうか?住宅ローン審査で否決になる要因となる内容を以下のリストにまとめました。
以下で2つ以上あてはまる場合、「属性が悪い」に該当します。
1.過去7年以内に債務整理をした事がある 2.クレジットの返済日を遅れた事が度々ある3.現在もキャシングの借入残債がある 4.運転免許証番号の最後一桁が4以上の数字 5.キャッシング枠のあるカードの保有 6.携帯電話を分割払いで購入している 7.自動車ローンの残債がある 8.雇用形態が契約社員、アルバイト、パート 9.自営業(自由業)で確定申告額が少ない 10.健康保険証が国民健康保険 11.保険証の資格取得日が勤続年数と異なる12.勤務先が小規模又は社歴が3年未満 13.給与体系が時給や日給制である 14.給与体系が歩合制である 15.現在、産休中又は前後である 16.独身である 17.勤続年数1年未満 18.諸費用も住宅ローンに組み込みたい 19.高血圧や糖尿病などの持病がある 20.現在の居住年数が1年未満 以上の項目で心当たりがあるまたは当てはまる場合は、隠さずに一つ一つ丁寧に対策を講じてから審査申込む事により住宅ローン審査の「承認」を得る確率が上がります。
住宅ローン審査では「属性の良い方」場合、どこの銀行でも承認を得られますので、優遇金利や諸条件を優先して条件の良い金融機関を選ぶ事がベストです。
しかし、上記20項目に該当する方は、まずは審査が通る金融機関の中で優遇金利や条件の良い住宅ローンを選ぶ事が必要になります。
各対策や住宅ローン審査を通すコツについては以下をご参照ください。
www.limited30.com/juutakulorn1.html但し、審査を通す事ばかりに目が行くと、将来の返済の安全性を忘れ去られてしまいます。
私どもスタッフは、ファイナンシャルプランナーと住宅ローンアドバイザーの資格者として健全な住宅ローンをお奨めしています。
「住宅ローン審査が通る金額と返済出来る金額は違う」と思って冷静に資金計画を検討してより良い住まいを手に入れて下さい。
お役に立てれば幸いです。

イオン銀行で住宅ローンを去年組みました。
審査が揺るかったです。
他の銀行より融資額が一番多かったです。>不動産屋は物件が売れれば【買主がローン審査パスするば】万々歳なので、買主のことなど考えず審査に通りやすい状況をつくるのが仕事と言っても良い。
何も不動産屋の言う通りにやる必要は何もないのよ。自分の判断で必要ないものは切り捨てりゃいい話。
ただ、意味不明な事を言ってるのはあなたの方だけどね。
なぜなら、住宅ローン審査において、借入完済はある意味定石。 当然借入が少ない方が審査には有利。だから間違ったことは言ってないし、一般常識を言ったまで。
ただ、せっかく完済したのに完済証明を提出してないならそれはアホだね。
あとは、下の人も言ってるが、
結局審査には落ちる理由はあなたにあるので、文句を言うなら自分にだね。
物件に問題があっても、担保評価て減額という流れがスタンダード。
否決原因はほぼ間違いなくあなたにある。
ただ、イオンがダメだからと言って全てがダメになったわけではない。
なにが否決問題なのかもう一度考えてみてから違う金融機関に行くことをオススメする。
チャンスはあまり多くないので慎重にね。>住宅ローンの審査基準は各金融機関類似していますが、銀行により若干違いがあります。気をつけるポイントは先ず過去の返済において延滞がないか。その後に年齢借入総額(自動車ローンやカードローンなど)年収の比率職業勤務年数勤務先の規模や安定性家族構成配偶者の年収返済能力が一番金融機関の気にするところです。頭金等の初期費用が全体の支払いの10パーセント程度として、年収の20パーセントから30パーセントよりも年間返済額が小さくないといけません。その為に他のローンを返済しておくことは正しいアドバイスですが、他のローンを返済後でも借入返済能力を超えていると金融機関が判断されれば審査に落ちます。他の金融機関にトライして、もしだめなら、もっと安い物件に切り替える、もっと頭金をためてから購入を考える、年収が増えるまで待つ、返済年数を伸ばす、などを検討してください。諦めず粘り強く頑張って!お金シミュレーションsimulizer.com>本審査になりますと保証会社の審査が通らない場合などもあるようです。
審査基準が全く同じではありませんので仕方ないですね。
金融機関により審査基準が違いますので他の銀行で通る可能性はあります。>気持ちはわかるが、、、やったことに間違いはないよ。
アドバイスは何も間違ってない。
借入を清算してから審査に臨むことは、理に適ったこと。
結果が伴わなかっただけで、それはそれだけの条件を整えたにも関わらず審査落ちした申込人、もしくは担保物件に問題があるというだけ。
イオン銀行などは事前審査で其れ程篩をかけない部類なので、事前OK、本審査NGはよくある話。
不動産屋が無責任なのはどこも一緒。
結局あなた次第。>

住宅ローンの繰り上げを考えていたのですが、たまたま借り換えシミュレーションを...

住宅ローンの繰り上げを考えていたのですが、たまたま借り換えシミュレーションをしてみたら金融機関によってあまりに金利が違うので、困惑しています。
借り換えについてのアドバイスをお願いします。
みずほ銀行で現在残高約700万、元利均等、残り21年1か月(35年)、変動2.475%となっています。
借入当時収入が少なかったので返済額もかなり少なくしたのですが、月額返済が少々増えても200万程度繰り上げて返済期間を10年程度に出来ないかなと思ったのがキッカケです。
住信SBIネット銀行 Mr.住宅ローン(借り換え)<通期引下げプラン>変動だと0.67%で、諸費用込で120万円ほど減らせるという結果になりました。
今みずほで2.475%でして、Mr.住宅ローンのような団体信用生命保険と8疾病保障の保険料が無料など付加価値がないのに、この違いはいったい何?と思って驚いてます。
①何か大きなデメリットがあるのでしょうか?②もしくは審査が大変難しいとかでしょうか?・・・(今のところ成人病などありません。
③借り換えのさいは、返済期間はみずほと同じ残り期間(21年1カ月)で繰り上げ返済をして返済期間を短くする、、、ということでしょうか?よろしくお願いします。
補足銀行間の競争が激しくなっている影響とは知りませんでした。
金利優遇は借り入れ当時もありましたが 0.◯%って程度で、あとは給与振込や光熱費引落し口座指定、積立や預金額に応じて商品券をもらったりした記憶がある程度です。
仮審査もネットで出来て、必ずしもそれで決めなきゃならないという訳ではないようなので仮申込を数社してみようと思います。

ここ数年で個人向け住宅ローンの金利が激減しています。
4年ぐらい前は「低くても1.8%」ぐらいでした。
それより以前なら変動で2%台も当たり前です。
でも今は変動なら実質1%を切るのが当たり前。
優遇金利の幅が大きくなったせいもありますがとにかく金融機関の競争が激しい。
今は金利が下限に近付いているので、保証や返済額変更が簡単にできるなど金利以外のサービス競争も激しくなっているのです。
だから今のローンの方が数年前に比べてずっとお得です。
別に裏があるわけじゃなくて銀行の安定した貸出先が減っているだけのこと。
住宅ローンはいいお客さんなので取り合いなんです。
今借りられている金利が高い(2.475%)ので残高はそう多くはありませんが期間を短縮して借り換えられたらいいと思いますよ。
700万をあと21年もかけて返済することもないでしょう。
10年程度で返せるならそれもいいと思います。
「借り換え」と言うのは一から別の金融機関で住宅ローンを組むのと同じですから、期間を短縮しようと毎月の返済額を減らそうと、希望を言えばいいのです。
普通に審査して認められればどのようにも変えられます。
追加ただ、借り換えとなると担保設定やローン手数料など費用がそれなりにかかってきますから、このあたりもよく確認して下さい。
担保設定は残高に対して税金がかかるので、残高が少ないとそれほどべらぼうな金額にはならないと思いますが。

私も某大手銀行の住宅ローンで変動金利で借りていますが、
公表されている金利は2.475%です。どこもそんな感じじゃないでしょうか?
でも実際には金利優遇がー1.6%ついているので(全期間)実質0.875%で、
SBIとそれほど大きな違いではありません。
質問者様は金利優遇を提示されなかった、なにか特別な理由がおありなのでしょうか?>

育児休暇中住宅ローン

育児休暇中住宅ローン育児休暇中の住宅ローンについて私の知人のことで質問をさせて頂きます。
現在、育児休暇中で秋から復職の公務員の知人が住宅購入を希望しています。
しかし、育児休暇中との事もあり、住宅ローンの承認が希望通り得れていません。
当方は、愛媛県ですが、地元の金融機関は基本的に復職後3ヶ月の申込が原則です。
支店長に融通の効く銀行に無理を行って、追加保証人+追加担保+追加自己資金の条件で、融資承認は得れました。
しかし、条件的にクリアが出来そうにありません。
育児休暇前の年収からすれば、返済比率的には、問題の無い金額での申請です。
ネット系の金融機関イオン銀行・住信SBIは、地元金融機関と同じく復職後3ヶ月と言われました。
フラット35(NTTファイナンス)・ソニー銀行は、復職後1回目の給与明細提出が必要との事でした。
何処か、育児休暇中の住宅ローンに強い金融機関をご存知の方はいませんでしょうか?

銀行支店に相談するのではなく、三菱○○U○Jのローン推進室に相談されてみてはどうでしょうか?実は、私も質問者様の知人と同じ条件の育児休暇中です。
過去2年の年収4倍以内の借入額で仮審査とおりました!!優遇金利もMAXで、保証料も最低額です!!復職証明書、過去2年の源泉徴収、育児休暇前の3ヶ月分の給料明細書、夏・冬ボーナスの明細書などを提出して、私単独で問題なく審査おりました!!だたし、借入額が、土地+家の40%以下だったことも影響しているかもしれませんが・・・。
とりあえず、三菱○○U○Jのローン推進室に相談されてみては、どうでしょうか?ここの金融機関は店頭でも、推進室に問い合わせしてくれて、たぶんOKですよって言ってくれました!!対応もすごく親切でした!!質問者様のご友人にも、親身になって相談に乗っていただけると思います。
ご友人にとって、いいアドバイスになれば・・・ ^^;

何故今で無くては駄目なのでしょうか?
相当良い物件が出たから?
また、住宅はご縁もありますので、復職してから考えましょう!!
公務員ですので、属性は良いので仕事に復帰すればきついローン以外は問題無く通ると思いますよ^^>

-住信ローン

© 2021 お金で買える幸せは全部買え