みずほ銀行カードローン

住宅ローン審査の診断をお願いします。 夫の年齢33才、年収480万...みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンとみずほ銀行ATMカードローンは異なるんですか?

みずほ銀行カードローンとみずほ銀行ATMカードローンは異なるんですか?先日みずほのATMでATMカードローンを契約しましたが、モバイルバンキングで口座に借り入れしようと探しましたが、出来ないし、カードローンの案内しかありませんでした。
よく見るとカードローンの返済日は、10日で、契約したATMカードローンは17時日です。
私が契約したATMカードローンはモバイルバンキングでの借り入れは出来ないのでしょうか?まったく違うものなのか教えてください。
補足返済日の所の17時日は、17日の間違いです。

聞いてみてください。
【お問い合わせ】みずほ銀行カードローン専用ダイヤルTEL:0120-324-555※携帯・PHSからもご利用いただけます。
受付時間月~金曜日 9:00~20:00※祝日、振替休日、12月31日~1月3日を除く

現在、リボ払いの残が約50万程あります。

現在、リボ払いの残が約50万程あります。
毎月定額の自動返済ですが、カードローンでリボ分を一括返済し新たにカードローン分の返済のみをしていく方がいいのでしょうか。
このままリボにしてしまうよりは、利用方法がリボよりもいいのかなと思っています。
多めに返済できるときはしますし、少しお金が必要になった場合でも借りる事ができるので。


どなたか、良いアドバイスはないでしょうか。
宜しくお願い致します。

カードローンを金利の安い分で借りて一括返済⇒借り換えするのがお得だと思います。
たいていリボ払いだと金利18%程度ですよね。
例えば「みずほ銀行」カードローンだと借入金額にもよりますが3.0~7.0%プラン、3.5%~14%プランがあります。
ご参考までにwww.mizuhobank.co.jp/loan/card/index_13.html?cm_mmc=ba-_-20...

銀行の口座開設について

銀行の口座開設について口座を新規で開設しようと思っています。
みずほ銀行か三井住友銀行です。
どちらがおすすめとかこちらにはこんな得点があるなどと、知っている方いましたら、回答よろしくお願いいたします

みずほ銀行と三井住友銀行、両方使っていますが、、なんとなくみずほ銀行の方がサービス良いと感じていますね。
住宅ローンの金利もみずほ銀行の方が低利を提示してきましたし。
以下あなた様が高校卒業の未成年と想定して書いてみます(簡略化して書きます)。
1)提携クレジットカード(キャッシュカード一体型クレジットカード)みずほマイレージクラブカード:18歳以上で申込可能三井住友銀行SMBCカード:20歳以上から申込可能2)ネットバンキングみずほ銀行:宝くじが買えます(宝くじラッキーライン購入毎に明細通知書代50円必要)三井住友銀行:BIG・totoが買えます(19歳以上)3)ATM利用手数料無料等の優遇獲得条件(未成年学生の場合で)みずほ銀行:下記のいずれか1つ以上(みずほマイレージクラブ加入時)a.口座残高(定期もOK)が10万円以上(口座残高50万円以上あれば他行振込が月3回まで無料)b.みずほマイレージクラブカード(クレジットカード)の利用があること三井住友銀行:下記のいずれか1つ以上(ポイントパック加入時)a.三井住友カードorさくらカードorセディナカードの口座引落があることb.口座残高(定期もOK)が30万円以上c.「当月末」にWeb通帳のご契約があること4)上記優遇獲得後のコンビニATM利用についてみずほ銀行:優遇獲得月で無料利用回数無制限三井住友銀行:優遇獲得月で無料利用4回迄

拝見しました
各銀行の条件に合えばATMが無料になる事が増えます
三井住友銀行の方がJRとゆうちょ銀行は時間内無料なので
お出かけ先でも使えます
まず各銀行の優遇条件で決めてみては
ちなみに条件なしならJAがおすすめ時間内無料で使えるATMが多い
後はゆうちょ銀行やセブン銀行やイオン銀行や新生銀行やりそな銀行など
詳しく良く調べて下さい>その2つなら三井住友銀行ですね。
みずほ銀行は2002年と2011年に大規模なシステムトラブルを起こしています。安心してお金を預けられる銀行ではありません。>自分は、みずほ銀行を愛用しています。
理由は、コンビニATM無料(何回でも)・振込手数料3回無料なので。(預金残高の条件などがあります)三井住友銀行にも同じようなサービスがありますがコンビニが4回までなのでみずほ銀行にしました。>みずほは、日本の全都道府県に支店がありますので、地方に行く方、住んでいる方は多少心強いです。
三井住友は首都圏(東京・神奈川・埼玉)と関西圏(大阪・兵庫県)に支店が偏ってます。
ATMは、個人的にみずほの方が使いやすい感じがします。
以上の様な理由で、みずほをお勧めします。>

みずほ銀行で、住宅ローンを組んでいるのですが、

みずほ銀行で、住宅ローンを組んでいるのですが、ローンの月々の支払いを、クレジットカード払いにすることは可能でしょうか。
ANAカードでマイルを貯めたいのですが…

あのですね、クレジットは、お金を受け取る方と、お金を払う方の金融機関の接点がないときのやり取りの仲立ちとして、存在意義があるのです。
そのとき、手数料を受け取る側から2%か3%取ります。
銀行ローンはその銀行から借りて、その銀行の口座から返します。
立派な接点があります。
よそのクレジット会社に手数料を払ってまで委託する理由も必然性もひとかけらもありません。
クレジット会社にしてみても延々35年にわたり、トータル数千万円に上る支払いを受けるわけもありません。
今後どのような金融界の再編成があってもローンのクレジット払いはあり得ません。
ポイントは普通の航空券で貯めましょう。

銀行ローンの支払いは、その銀行の口座からに引き落としとなりますのでクレジットカード払いにするということはできません。
電気代、電話代などはクレジットカード払いできますのでその辺を攻めてみたらいかがでしょうか>

みずほ銀行カードローンの明細のハガキは毎月何日に届くと決まっていますか?

みずほ銀行カードローンの明細のハガキは毎月何日に届くと決まっていますか?

支払日の10日前くらいです。

みずほカードローンについての質問です。

みずほカードローンについての質問です。
私は現在、みずほ銀行のキャッシュカードローン(ATMでインビきたりする方)で枠10万で利用しています。
それで年末の少し、お金が必要なので増枠を希望しに「みずほ銀行」の支店に相談に行ったんですが、そこで年配の行員の方が少しの時間席をはずして私の取引履歴らしき紙数枚(ちなみに給料引き落としも、クレジットカード引き落としも同口座)を持ってきて、「○○様は、増枠なさるなら(みずほカードローン=上記のやつでなくて融資枠も500万までで窓口で申し込むタイプ)に申し込まれて、乗り換えられたほうが良いですね」と、言われました。
そもそも、キャッシュカードのやつでも上限100万まであって、私が増枠してほしいのは10万位なのに、なぜ審査も厳しそうな上位のカードローンを勧められたのでしょうか?おそらく収入も把握されてるでしょうし(280万位です)、金利が低ければ利用価値ありますが、審査が厳しく落ちるなら意味ないですよね…すべて把握してて、わざわざ落ちる可能性のあるローンは薦めないと思うのですが、どうなのでしょうか?落ちる可能性が高いなら、CICなどに与信調査の履歴残るので(みずほにも落ちた履歴のこりますよね?)いやなんです。


申し込んで良いものでしょうか^^;どなたかアドバイスお願いします。

質問者さんはおそらくキャッシュカード一体型のクレジットカードのキャッシング機能をご利用なのではないかと思われます。
このキャッシング機能はみずほ銀行ではなくクレディセゾンのサービスで金利は消費者金融並みな上、クレジットカードのキャッシング機能なので信用情報的にも消費者金融と同視されます。
今回、勧められたみずほ銀行のカードローンはみずほ銀行が貸主の銀行直接のカードローンなので利息も安く、信用情報的にも健全です。
取引履歴を見て勧めてきた位ですからおそらく審査は通過出来ます。
出来るだけ大きな枠で契約すれば利息はかなり安く済みます。
クレジットカードのキャッシング枠の増額は利息が高いので利息ばかりで元金が減りません。
みずほ銀行のカードローンに借り換えも兼ねて乗り換えた方が利息の面でも信用情報の面でも賢明です。

じゃあそのまま銀行に言って下さい
アナタが審査に通るかは誰にもわからない
落ちたことが残るのがいやならやめればいいんだよ
審査しなきゃわからない
十万円増額がダメでも残ると思うんだけどね
それだって絶対大丈夫とは限らない>

みずほ銀行の口座を開設しマイレージクラブというのに入りました

みずほ銀行の口座を開設しマイレージクラブというのに入りましたキャッシュカードが届き、そこにマイレージクラブとJ-Debitも内蔵されているのですが、なにか登録などしなくてはならないことはありますか?(ネットでの登録などです)

>登録などしなくてはならないことはありますか?キャッシュカード、又は、クレジットカードとして使用する上では、登録は必要ありません。
但し、「みずほマイレージ」の特典を受けるには、「みずほダイレクト」(インターネットバンキング)、または「かんたん残高照会」(インターネット残高照会)の登録(パスワード・メールアドレスの登録)を完了していることが前提になります。
こちらは、ネット経由で申込みができます。
みずほ銀行 みずほダイレクトの新規申込/変更手続きwww.mizuhobank.co.jp/direct/order.htmlみずほ銀行 インターネット残高照会www.mizuhobank.co.jp/net_shoukai/index.html?rt_bn=ktop_inde...みずほ銀行 みずほマイレージクラブ「うれしい特典」の「お取引条件」の変更www.mizuhobank.co.jp/mmc/kaitei2016/index.html[特典内容]①平日時間外、及び、土日のATM入出金手数料無料②コンビニATMからの出金 月4回まで無料③「みずほダイレクト」からであれば、みずほ銀行間の振込み手数料は、平日・休日関係なしに、何回でも無料。
④資産運用商品の残高があれば、他行振込月4回まで無料①~③の特典を受ける条件は、A.みずほのクレジットカード又はJCBデビット使用B.給与受取C.学生(大学、大学院、短大、高専、各種専門学校に在学中) D.預金残高30万円以上などの、どれか1つをクリアしていればOKです。
④の下記条件をクリアしていれば、①~③の特典を受けられます。
E.NISA口座保有F.預金残高が50万以上G.みずほのクレジットカード又はJCBデビット利用が年間100万円H.住宅ローン、カードローンなど借入残高ありI.預金残高500万円以上J.資産運用商品(金銭信託、外貨預金など)の残高があることE又はFクリアで他行振込が月1回まで無料G~Jのどれか1つをクリアで他行振込が月4回まで無料

別に登録は不要です。普通にjデビッドは使えますしマイレージクラブ特典も支えます。>

セディナのカードローンに落ちたのですが

セディナのカードローンに落ちたのですがセディナのカードローンを利用してまして融資可能額が100万までありました。
先日財布を紛失してまいましたのでセディナカードの紛失コーナーに電話しましたら再発行は1050円かかると言われたので解約してもらいました。
もう使わないと思っていたのですが急にお金が50万必要になりましたので電話で聞いて見ましたら解約したらまた初めから申し込んで頂くよう言われましたので新たに申し込みをしたのですが審査で落ちてしまいました。
こんなことってあるのでしょうか?セディナでは遅滞もなく初めは30万までだった融資額も100万までに増額されていたのにと思います。
カードを初めて作ったのが2008年ですが審査は厳しくなったのでしょうか?今は銀行系のみずほカードローンに30万円借りているのみです。

↑ド素人がわけわかんないことを書いてはいけません。
単に回答数が多いだけのアホですーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーみずほカードローンは銀行ローンですから総量規制に関係ありませんが、セディナは規制対象ですから年収の3分の1が借入限度額(総量規制)です。
ですから年収が300万で100万の借入が限度です。
と言っても借り入れできる権利ではありませんから、相手がNOならばそれまでです。
2008年時点では総量規制はありませんでしたが、2010年6月から規制がかかりました。

他社のカードローンが影響しています>もうちょっと細かい補足すると。
「改正・貸金業法」によって、貸金業者による無担保の現金貸付は、一個人あたり年収の3分の1までという規制(総量規制)ができました。
貸金業者・・・消費者金融会社や、キャッシングなどで貸付するクレジットカード会社などを指します。
今回の再借入希望額が「50万円」で、おそらく年収自体との絡みは問題ないかもしれませんが・・・。
今回の法改正は、余剰に貸さない・借りられない、という方向性なので、審査に影響がでてくる可能性は有り得ます。>

みずほ銀行に詳しい方にお聞きしたい事があります。

みずほ銀行に詳しい方にお聞きしたい事があります。
現在、みずほ銀行の同一支店に総合普通預金、普通預金(無利息型)、総合定期預金、貯蓄預金の通帳とキャッシュカードを所持しているのですが、みずほマイレージクラブの条件を満たしていた場合、ATMの利用手数料が無料になるようですが、無料になるのは、総合口座の普通預金のみですか?普通預金無利息型と貯蓄預金の手数料はかかりますか?

詳しくはないですけど、代表利用口座が手数料優遇の条件を満たしていれば、利用口座として登録した利用口座は、手数料優遇になるという説明は受けた覚えがありますよ。
普通預金、貯蓄預金、は利用口座に登録するのは可能、と記載があるので、無利息の普通預金も 普通預金には違いないので、可能なのではないかと思います。
>ご利用できる口座みずほダイレクトの代表利用口座と同一名義・同一住所のご本人さま口座に限ります。
普通預金(総合口座普通預金を含みます)貯蓄預金定期預金(総合口座定期預金を含みます)積立定期預金(総合口座積立定期預金を含みます)当座預金(インターネットバンキングでは、お振込・お振替の引出口座としてのみご利用いただけます)カードローン外貨定期預金(インターネットバンキングでは、米ドル、ユーロ、英ポンド、スイスフランのみご利用いただけます)外貨普通預金(インターネットバンキングでは、米ドル、ユーロ、英ポンド、スイスフランのみご利用いただけます)投資信託口座登録できる口座の数代表利用口座を含め、5支店・27口座まで登録できます。

優遇みたしているのでしたらそのなかの口座は無料になります。
ただ銀行って、お客様番号みたいのがあるんですけど、それが全部まとまっていればの話です。別のお客様番号でしたら条件は満たされないかも知れません。
余談ですが、利用口座追加していないと、振込みなどのダイレクト利用時の手数料優遇は受けられません。>

住宅ローン審査の診断をお願いします。

住宅ローン審査の診断をお願いします。
夫の年齢33才、年収480万円、カードローンとか無し頭金500万円、子供3才、1才、新築一戸建を買う計画3000万円借りる計画です。
年収6倍を超えてます。
でも買った方が家賃より安いので悩んでます。
今の家賃10万円です。
宜しくお願いします。

住宅ローン審査の診断ですね。
ご提示頂いた情報が少ないのでわかる範囲で回答します。
Yahoo!で専門家登録をして頂いているゼロシステムズの田中勲と申します。
年齢33歳で定年60歳ですとあと27年、定年65歳になればあと32年ということですね。
返済比を各銀行の審査金利は3.1%~4%で計算しました。
35年返済:返済比率29.28%~33.21%30年返済:返済比率32.03%~35.81%他の属性を考慮しないで、返済比率だけで計算しますと、ほとんどの銀行の住宅ローン審査で承認を得られると思います。
しかし、ご質問者さまが懸念しているように、決して楽な返済比率ではないと思います。
もし、変動金利で住宅ローンを借りた場合は、将来の金利上昇のリスクがついてきます。
例えば、3000万円を変動金利0.625%で35年返済で住宅ローンを組んだ場合月々の返済額は、79544円です。
きっと不動産会社の営業マンは、家賃より安いと勧めてくると思いますね。
しかし、将来、変動金利が2%に上昇すると、99379円の返済額になります。
それが、2.5%に上昇すると、107249円になってしまします。
住宅ローンが心配な方にお奨めしたいのは、変動金利でなく全期間固定金利です。
例えば、今月の金利で最も低い全期間固定金利の銀行は、みずほ銀行の35年全期間固定金利1.18%(優遇後)です。
金利1.18%ですと、月々87226円です。
今の賃料10万円×12ヶ月=120万円ローン返済額87226円×12ヶ月=1046712円差額153,288円ちょうど固定資産税くらいになりますね。
全期間固定であれば、将来的な返済額の変動がありませんので先を読めると思います。
住宅ローン診断とのことですが、ご質問者様の細かい情報が解からないので、今回は、このくらいしかお答えできませんのでご了承ください。
また、住宅購入時の諸経費を安くすることにより、住宅ローン金利1%に相当する節約効果がある場合も御座います。
諸経費の節約等については、以下で解説していますのでご参照ください。
www.0systems.com/お役に立てれば幸いで御座います。

わざとやってるのかと思うほど、的確に地雷を踏んだ間が抜けた質問ですね…①年収480万では、住宅ローンがいくらであってもシビアです。収入480万×0.8(手取に換算)×27年=1億支出住居費を除く生活費 15万×27年=5000万学費1000万×ふたり=2000万老後資金=3000万足すと1億修繕費やらレジャー費やらを無視しても、住居に出せる金がありません②頭金が幾らかは関係ないです。それよりも金利や返済計画が大事です③年収の何倍かもどうでもいいです。エンゲル係数って知ってますか?④家賃も関係ありません。今の賃貸を借りるときに、細かなライフプランでも試算したんですか?してないでしょ?そもそも今の家賃に妥当性がないですご質問者に必要なのは、まず現実を直視することです。保険屋でもFPでも何でもいいんで、一生涯の支出の相談をしてみてください。>普通じゃないですか?
は特異です。
変動金利じゃなくて、固定金利にしろとかね…、非現実的でしょ。
今は金利も低いし、固定金利にしてる人なんてかなり少数派だわ>年収480万円でお子さん2人いるなら、2000万円程度の借入が無難かと思います。
今後の昇給や貯蓄額にもよると思いますが、現時点では養育・教育費などを考慮すると厳しくなる可能性が高いように思います。
個人的には、住居費を10万円ほどとして相当額の貯蓄がない限り、子供2人いるなら、単独年収でいえば800万円程度は必要だと思っています。
>買った方が家賃より安いので悩んでます。
>今の家賃10万円です。
それは35年で借入した場合ではないですか?
繰り上げ返済をしないと定年までに完済できませんが、それを試算した上でのことでしょうか?
そうでなければ、現時点での家賃との差はあまり参考にならないと思います。
定年(60歳としたら)までに完済するには、残り27年です。
その場合、金利0.7%程で月10万円ほどです。
戸建による水道光熱費UP、固定資産税などの維持費までみれば、家賃より安くなるとは思えません。
定年後には大幅なリフォームや建て替えの話も出るでしょうから、老後の貯蓄とはまた別で1000~3000万円ほどの現金の貯蓄も必要になってくると思います(その頃はローンも組めないと思うので)。
今から10年後には、生活費、養育・教育費で現在より10万円前後以上は上がってくると思います。
その頃の収入がどの程度まで上がっているかというのもありますが、既に何らかの貯蓄が確保されている状態でなければ、あまり余裕を持てるような返済計画には思えません。
目先の数字だけで判断すると、後で痛い目に合います。
属性が良ければ、借りることは不可能ではないと思います。
ただ、生活レベル、子供への養育・教育費、老後の貯蓄など総合的にみると、様々な面で節約や我慢(子供にも)が必要になるような厳しい事は覚悟しなければならないと思います。>今後も、安定して480万円以上の年収が確保できるなら大丈夫でしょう!子供が落ち着いたらあなたもパートにでるなどすれば問題ない水準です。>固定資産税とかも考えても安いんですか?
光熱費とかも上がりますよ>

-みずほ銀行カードローン

© 2020 お金で買える幸せは全部買え