りそな銀行カードローン

住宅ローン審査について質問です 今回、2400万円の新築マンション...りそな銀行カードローン

住宅ローンの借入額についての質問です。

住宅ローンの借入額についての質問です。
初めての投稿ですが、不安も大きいので、みなさまの知見をお貸しいただけると助かります。
住宅ローンで購入予定の物件があり、一度、三井住友信託と、みずほに審査を出しましたがNGでした。
理由はある程度わかっており、自動車ローンと、ローンカードによるものだと思っています。
最後にりそな銀行に申請をすべく、準備を整えてきましたが、ローンが通るかどうか不安でたまりません。
状況を以下にまとめさせていただきました。
■年収:自分:1100万円(外資系NYSE上場の大手IT企業、勤続2年、年収のうち200万円を某与党国政政党の後援活動で経費処理)※サラリーマンでありながら、国政のお手伝いをしているという、ちょっと特殊な背景があります。

妻:700万円(一部上場、勤続13年)※妻のほうは普通なので何もないと思います。
■購入希望マンション:13000万円六本木、90平米頭金(購入額の5%+諸経費)借入希望額:12000万円■三井住友、みずほ審査時自動車ローン:残債880万円リボルビングローン:150万円キャッシングローン:残債0円(借入可能額:100万円+300万円+カード付帯、合計100万円程)結果:三井住友(自動車ローンの清算で1億融資可能)みずほ(NG、理由は非開示)■現在、りそなで審査予定自動車ローン:完済リボルビングローン:完済キャッシングローン:残債0円(全て解約済)事前審査まではあげていないのですが、不動産担当の方からりそなには全て情報を出しており、ローンを全て返済して完済証明を出していただければ大丈夫だとコメントいただいておりました。
信用情報機関にも問い合わせて、事故や遅滞がないことも確認しております。
個人的に気になる点としては、完済済みですが、直近まで1000万円を超えるローンがあったことと、三井住友審査時には一部解約していましたが合計で900万円もキャッシングできるだけの枠があったこと。
また、海外と大口のドロップシッピングをしており、1回払いですが、月にクレジットカード1回払いで100-200万くらいの出し入れがあります。
(収支的には全く問題ありませんがみずほ銀行で口座の入出金が激しいです。
みずほ銀行の審査では口座の状況も確認していた可能性もあると思っています。
)以上が今までの状況となります。
今までいろいろな方のQAを拝見させていただきましたが、特殊な経歴もあり、参考できるような回答を見つけるにはいたりませんでした。
りそなの融資担当の方は大丈夫だといわれたものの、大変不安なため、今できることがあればと思い、気持ちの整理含め、アドバイスを皆様からいただきたく存じます。
なにとぞよろしくお願いいたします。
補足ご返信ありがとうございます。
返信について一部補足させていただきます。
ローンは12000万円で35年ローンです。
一般的には上限1億円のようですが、どの金融機関も表面上の名目だけなのか1億円以上の融資申請は可能であることを前提に申請をしております。
不動産提携は三井住友、りそな、会社のメインバンクはみずほです。
よろしくお願いいたします。

某金融機関に勤めています。
質問者様のケースは通常の住宅ローンの借り入れ額を超えています。
各金融機関の独自ルールがあるはずです。
そのため返済負担率や借り入れ比率が通常の審査基準というわけにはいきません。
審査の結果まで待っていただく他ないと存じます。

銀行に勤務しています。今は、住宅ローンの金利は固定を選択する方が増えています。半年ぐらい前までは変動を選択する方が圧倒的でしたが、12月(政権交代以降)は金利上昇が現実的なものになってきましたので、半数以上が固定を選択しています。こちらでローンシュミレーションできます。www.hownes.com/loan/sim/住宅メーカーは金利上昇リスクなんて頭にありません。金利が低い=この金額なら無理なく借りられると思わせることが目的だから、それで十分なんです。しかし、貴方はこれから35年近くも返済を続けるわけですから、心配になりますよね。変動金利って、業者さんが考えているほど簡単なものじゃありません。ある程度の金融知識(金利の動向やマーケット動向を読み解く能力)や、金利上昇に耐えられるだけの経済力があって初めて変動金利を選んでも大丈夫となります。(今は、変動金利じゃないと返せない人が借りているから、破綻が増えるとか言われているのですが、そういう売り方をした業者さんの責任って大きいですよね)これから金利が下がることはありえないと思います。少なくとも、今なら「底」に近い金利で毎月の返済額を一定にできるのでメリットは大きいです。銀行に務める私はお金のリスクを嫌というほど扱ってきましたので住宅はローコストで建てました。ご参考までに。1000man-jyuutaku.com/>住宅購入済み(負債無)のド素人ですが、
マンションなら、管理費(億ションならソコソコの金額)、修繕積立金(経年と共に徐々にUP)、車アリなので駐車場代(六本木なら数万)も必要になります。
また、修繕積立金は共用部分ですので専有部分(内部の生活空間)の修繕・リフォーム費用は別途準備が必要です。
15年位してくると設備機器などの不具合が出てくるので修繕やチェンジが必要になります。
(部屋のリフォーム自体は我慢すればいいですが設備機器の不具合は物によっては暮らせない状態になる)
1億2千万のローンの審査が下り、ローンの支払が出来たとしても、他の維持費が支払えるのか、良く考えられた方が宜しいのでは?
頭金の少なさや収入の割に高価な車の購入やリボ払いでの生活など、貯蓄・節約体質のご家庭とは思えませんので。
(奥様の勤続年数から考えて、トピ主様は30代後半からアラフォーまでかなと想定)
トピ主様ご夫婦がどんな経緯で当該物件の購入を決められたのかは存じませんが、
(30代後半でその年収は共働きとしても億ションをフルローンに近い状態で買えるほど高くはないですし…)
他の回答にもあるように、融資可能額=返済可能額ではないということは事実です。>借りれる金額と返せる金額は
異なり、借りれる金額はどこの住宅ローンも
年収と比較してかなり枠が広いわけですが
あなた様の世帯年収から見ますと
ふつうに住宅ローンだけでも
ギリギリのラインだと思うのに
車のローンや支出も大きく、返済能力をかなり
越えた数字で住宅ローン申請されていますよね。
かりに1億、通ったとしても
実質の返済は厳しいですし
他に収入があるとしか思えないような
毎月の返済額になります。
駐車場や管理費、修繕積み立て費用や
固定資産税と、金利と保険も払うわけですから。不動産をひとつ持つだけで住宅ローン以外にこれだけ払うわけですが
大丈夫でしょうか。
ネット銀行や、一度破産した経緯のある
銀行は審査は緩めですが
それだとしても、借入額が大きすぎて
返済できるかが気になります。>どの金融機関も表面上の名目だけなのか1億円以上の融資申請は可能であること
⇒ どの金融機関もそのような制度はありません。あるとしても極めてレアです。だからこそ、三井住友信も上限1億では。まして普通のサラリーマンで上限を超過した回答は考えられません。
住宅ローンは団信を銀行負担で加入条件となります。
通常高額ローンは告知でなく、医師の診断が必要です。
与信審査を通過しても、なお関門は多いです。
また、この団信の上限も通常1億円のはずです。
そもそもなぜ、奥さまと共有にされないのかも疑問です。
ローン2本立てで良さそうです。
年収1100 - 特殊要因200 = 900マンの年収とのこと。
普通のサラリーマンの年収です。
奥さまの収入があるとはいえ、また、完済されたとはいえ、ローンが多すぎです。
勤続年数の短さも含め、みずほ銀行の判断は理解できます。
※おそらく、口座の動きはあまり判断材料にされていないように思います。
結果は分かりませんが、りそな銀行が1億円を超過した回答をするとは考えにくいです。
可能であるとすれば、奥さまとの2本立てのローンであれば、もしかしたらとは思いますが。
いずれにしても、定年後も見据えての返済計画をお忘れなく。
ローンは借りれれば良いというものではありません。返済してなおかつ、余裕のある生活を送るための借りるということです。
普通の会社員で1億円の借金…。相当な覚悟が必要です。>そもそも、りそな銀行の住宅ローンの貸出の上限は1億円ですが、担当者は、12000万円で大丈夫だろうと本当に答えられたのでしょうか・・?
りそな 住宅ローン商品概要
www.resona-gr.co.jp/resonabank/pdf/housing.pdf
住宅ローンの審査は、銀行では、形式チェック(住宅ローンの申込が出来る条件に合致しているか)を行い、系列の保証会社が主に審査をやっています。
りそなも、審査に出してみないとわからないと思います。
【補足へのご回答】
やはり異例な案件であるため、審査に出さないと何ともいえないです。
(三井住友も、自動車ローンの完済を条件にしたうえで、なおかつ、貸出金額を1億に制限していますよね)
気になる点としては、
①借入額が、年収比過大(奥さまの収入を合算しても、年収の7.5倍)
②自己資金(頭金)が少なすぎる(購入金額の10%にも満たない)>

銀行関係は、今後マイナンバーにより紐づけされていく予定ってのは

銀行関係は、今後マイナンバーにより紐づけされていく予定ってのは預金封鎖の準備らしいですネバダ・レポートのように国の借金の穴埋めに預金4割が没収されることになるそうですどのように自分の財産を守ればいいのですか?detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1116868065...

最初に言っておくと預金封鎖と財産税は違います。
財産税は日本国憲法で定められている通り国会審議を通して法案可決しないといけませんが預金封鎖は法改正により首相官邸内で短期間で決定可能です(これは小泉内閣時代に金融危機の名目で金融機関の生殺与奪をする決定権を金融再生委員会から首相に権限移譲する法改正がされたためです。
勿論これは預金封鎖の布石と言うはずもなく個別の金融機関の破綻処理のためとされてこの後りそなや足銀で破たん処理に個別に適用されています)。
国会議事堂は一切関与しません。
即日しかも1時間も経たないで決まります。
上記2つの銀行の場合それぞれの取締役会で自主再建を断念したと金融庁に報告を上げてから首相の最終処理まで新聞は情報を追えずに一切記事にできませんでした。
従って事前洩れて取り付け騒ぎなどなく極めて秘匿性の高いものです。
終戦直後の預金封鎖では第一封鎖預金と第二封鎖預金に分けられて 第一封鎖預金は月に一定額の払い出しが認められ他は切り捨てられました。
これは必要最低限の生活費や企業の決済は認めないと経済活動が完全に停止するからです。
たとえば2002年に創設された新型決済性預金もその布石だと言われていますね。
ですのでこの預金封鎖をモデルにするならご質問ようなこともありえます。
不動産以外にも様々な資産が危ないと考えた方が良いです。
証券や銀行などの口座(将来マイナンバーで捕捉予定の資産)、あるいは不動産登記など 国が情報管理できるものは安心できるものはないと考えています。
勿論日本円も安心とは考えていません。
不換紙幣は本来ただの紙切れであり国が価値を認めて維持しているものなので、各種法令や日銀の金融政策でいくらでも価値を落とせるからです。
大蔵省時代から預金封鎖の意思をはっきり法整備を進めています。
この上でマイナンバーは日本国民の個人資産を確定する上で重要とみなされています。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1215576366...その上での話ですが・日本円が安心できな理由預金封鎖なんてされてしまえば勿論ですが、それなくても資産価値を落とされる可能性が大です。
2000年に経団連が財務省と検討した内容を経団連が勝手に暴露してしまったことはあります。
(これは歳出構造を見直さないシナリオですが)・消費税率は段階的増税で 25.5%・基礎年金給付は賃金スライド実施。
報酬比例部分の給付水準は既定路線を維持(5%抑制)・基礎年金国庫負担割合は2分の1に引き上げ・厚生年金保険料率は段階的に34.5%にまで引き上げ・一人当たりの医療費は毎年前年比4%ずつ増額していく・高齢者医療費は自己負担2割・医療保険負担は現行制度を前提とした負担増の1.4倍・その他所得税増税などで国民負担率を72%~80%超にまで引き上げる。
ちなみに、歳出構造を見直し 特殊法人などを徹底的に整理した場合は国民負担率は47~48%で済ませられる試算も出しています。
現在が約4割ですのでほとんど増えないことになります。
普通に考えればこんなことをすれば財布の紐は固くなり消費が冷え込んで当然。
しかしこの国民負担増のシナリオでは名目経済成長率を+3.5%と設定していることです。
名目経済成長率がこんな高いのは金融緩和などをして円資産の価値を落とす前提であるを意味しています。
安倍政権は日銀総裁に大蔵省主税局出身の人物を送り込んで金融緩和をして「この道しかない」と主張しているのです。
つまり紙幣を刷って市場に流すことで強制インフレをすれば見かけの税収減は増やすことができ、それを景気回復と称して更に増税の口実を作る。
結果円安は進み物価は高騰し国民の資産価値は目減りしさらに増税で預金を持っている限り富裕層でも貧困層に叩き落される可能性が高まっているのです。
今の金融緩和も似たようなシナリオで動いているにすぎません。
・株が安心と考えていない理由1997年~2004年までの間の大蔵省(省庁再編後は財務省)が目論んでいた金融資産の税制まず株から手を付けてそこから納税者番号制を導入すると言う道筋をつけており自治省(省庁再編後は総務省)まで手を貸しているからです。
預金封鎖の検討を始めたと言われる1997年の段階では実のところ個人資産を把握するための番号制の導入の理由(口実)はほとんどありません。
【理由1】かってグリーンカード導入の理由となっていたマル優制度は消滅させることが決まってこれを口実にすることができない。
【理由2】預金の利子所得は源泉分離課税であるためもし仮名口座であっても脱税のやりようがない。
また証券税制も当時は売却代金の1.05%に課税する源泉分離課税が存在したため同様に脱税のやりようがない。
だから脱税を理由に番号制を導入することができない。
【理由3】源泉分離課税は銀行や証券会社が代行納税する制度であるため国税当局の負担にはならない。
なので事務負担軽減理由に番号制を導入することもできない。
そこで当時の大蔵省はこのようなシナリオを考えました。
「理由2と理由3をなくしてしまおう。
つまり脱税しやすい税制を創設し、税務署の負担を激増させる制度に一度改悪する必要がある。
そのために証券税制の源泉分離課税だけを廃止して預金資産との間の不公平感を煽り、預金の利子所得も公平を期すためと称して源泉分離課税を廃止し、完全に源泉分離課税を潰したうえで 金融資産だけの納税者番号制を導入しよう」そのために出てきたのが証券税制を2000年4月から源泉分離課税を廃止して申告分離課税にすると言う話になります。
預金の利子所得の源泉分離課税は据え置きです。
これは証券業界や個人投資家が大騒ぎするほどの不公平税制で、預金の利子所得は青天井でも配偶者控除など各種控除が認められるのに対して、 株はリスクマネーであるのに増税の上に、預金利子にはない地方税6%の上乗せ、さらに控除も一切認めない。
損失繰り越しも一切認めず、他所得との損益通算も一切認めず、さらに健康保険料も増額と言う物凄い内容でした。
反発が凄かったので紆余曲折を経て増税内容を緩和して2002年1月から新税制が始まりますが一応従来の源泉分離課税を潰すことには成功します。
そして不公平税制を実現した後で2004年に金融資産所得一元化税制とかいう 勤労所得などを除いた 株や預金などの金融資産に関する所得を総合課税化して この金融資産だけに納税者番号制度を導入すると言う案を持ち込んできたのです。
www.jri.co.jp/page.jsp?id=13599所得の捕捉をせずに 今まで脱税のやりようが
なかった資産の捕捉をすると言う目的は言うまでもないことです。
2001年11月22日の参議院総務委員会議事録によれば、民主党の松岡満壽男の質問に対して総務大臣の片山虎之助が【理由2】にあたる源泉分離課税廃止の法案可決に尽力したと答弁しています。
つまり、税収とは関係のない総務省がこの税制実現に既に動いていたということです。
何をやりたいかというと、株式も含めた金融資産全て番号制で把握する計画が以前から進行していたことを意味します。
つまり、(今は決まっていませんが)株はマイナンバー制の捕捉対象に入ることはほぼ確実と見るべきです。
・不動産が安心と考えていない理由預金封鎖が行われると国民の資産が失われ購買力が低下するため不動産需給が好転するとは思えずこのこと自体問題ですがもっと懸念すべきことがあります実は2004年の納税者番号制が提言されたのと同じ年に不動産の税制もいじられています。
それまでは、不動産譲渡損を他所得と相殺する事が認められていましたが、これが廃止されます。
この成立過程が非常に不可解です。
自民党税制改正大綱に盛り込まれたのが2003年12月27日、国会で可決したのが2004年3月26日であるのに2004年1月からの取引が対象となります。
おかしことに気が付きますか?通常は住宅ローン減税のように法案が可決しても施行まで猶予期間があるのが普通です。
過去に遡及するのはおそらく前例がないと思います。
金融資産同様、不動産も労働による所得と分離しています。
財務省にとって「ごちゃまぜに合算されては困る」事情があるようです。
実際、国民の資産の何割かカットする事態に発展した場合、家だけあって預金がない人は家を放り出されることになりかねないので、不動産は安全である可能性もありますが、資産と労働や事業の所得を分離する方向で事を運んできた財務省ははっきりと不動産も資産家扱いしているのが不気味です。
以上を纏めると・円建て資産は持たない・マイナンバーで将来捕捉されうる資産は持たない・外貨か貴金属などを手元に置きかつゲートキーパー法の適用対象外の200万円未満の分割購入が考えられる対抗策だと思います。
あわせて、保有する実物動産(不動産ではない)は表向き紛失や盗難などを装っておけば保険にもなりえます。
※ただし、貸金庫はNGです。
犯罪収益移転防止法で契約も本人確認で捕捉されます。

個人信用情報について

個人信用情報について今回、脅迫・詐欺よる名義貸しで相手に逃げられ自己破産を申請しています。
弁護士委任&介入後に各社より取引履歴が来たのですが、そこで代位弁済が記載されていました。
この場合、各社のブラックリストに載るのは(半永久)、保証会社のブラックリストと取引各社のブラックリストなのでしょうか?勿論、保証会社と取引各社のブラックリストに載るとは思いますが、確認させていただきたく質問致しました。
よろしくお願い致します。
また、現段階で『蜜墨、楽天KC、楽天銀行カードローン、SBIネットローン、アコム、プロミス、レイク 』の各債権者へご迷惑をお掛けしています。
5~10年後に図々しいかもですが、ローンを組みたく思っておりまして、合併などしない限りどこの会社が可能性有りますでしょうか?合わせてよろしくお願い致します。
(調べましたが、JACCSぐらいしかなさそうでしたので…)補足社内情報としてどう残っているのかが知りたくてご質問致しました。
合わせてよろしくお願いします。
勿論CICJICCKSCはクレジット・ローン会社は見る所は全て見ると思いますので事故情報共有は理解しております。

銀行は絶対債権を償却しませんので、銀行からの借り入れは、債権回収会社か保証会社に移管されます。
ここで全銀協の情報機関に載ります。
クレジット会社も今は手離れを良くする為にすぐに債権回収会社(トンネル会社か大手サービサー)に債権譲渡します。
ここでCICとJICCに載ります。
アコム、SMBCコンユーマファイナンス(プロミス)は現在CICとJICCに加盟しており、そこで両方載ります。
レイクは現在、新生銀行のカードローンで商品名がレイクです。
保証会社は新生フィナンシャルサービスです。
ここで全銀協とCICに載ります。
自己破産は官報に自己破産時と免責決定時に2回掲載され、官報情報は全銀協のみ集め10年間保管します。
クレジット、消費者金融でしたら5年で再度ローンを組む土台は出来ます。
例 JCB、ジャックス、クレディセゾン、オリコ、ライフ、アプラス、アイフル等があります。
銀行系は10年後 例 アメックス(ここは5年で通過出来る可能性大)、みずほ銀行、りそな銀行があります。
社内情報は半永久的に残る為、一度事故を起した場合無理でしょう。

どうにもならない社内情報を気にしたり、ローン組むこと考えても仕方ありません。
10年もあるんだから10年払いでなんか買ったと思って毎月貯蓄しとけばジャックスのローンなんか利用しなくて済みます。
なんでそういう考えが起きないのか疑問。
やれやれ・・・>主に銀行系、クレジット系、消費者金融系の3つの個人信用情報機関があります。個人信用情報を調べる時には同意書に記名、捺印しますが、その同意書に上記の3つが書いてあることが多いと思います。なので例えば銀行系の保証会社で代位弁済を受けたとしても信用事故が発生したことは審査時にクレジット系や消費者金融系にもわかってしまいます。>

住宅ローンについてお聞きします。

住宅ローンについてお聞きします。
現在住宅の購入を検討しています。
30歳・既婚・子供1人です。
前年度の年収が515万。
クレジットカード2枚所有ですが全て支払済みで、カーローン含め他の借り入れも一切ありません。
頭金250万で、おそらく諸経費になると思います。
物件金額3980万全額をローン組みたいのですが、りそな銀行で事前審査をしたところ銀行ではOKが出たそうですが保証会社の方で前年度の年収では3600万までと言われたそうで全額は無理でした。
今年度より月収が10万上がっており、その分ボーナスも上がったため今年の年収は650~680万円なのですが現在の収入を加味していただける銀行はないのでしょうか?また比較的融資額が大きく取りやすいところなどはありますか?よろしくお願いします。

住宅支援機構のフラット35であれば前年度収入でも借入可能だと思いまし、給与明細ベースで年収を割り出して審査する事は可能です。
どうしても民間銀行の住宅ローン希望であれば、給与明細ベースでの審査は厳しく思いますので、融資条件付きで契約だけ交しておいて、今年の源泉が出るまで待ち(年越し前後)、今年の収入での源泉徴収票で融資審査、借入は可能だと思います。
参考にして下さい。

はっきり言って3980万ローンって正気?って思うけど
3980万の物件に250万の諸費用じゃ足りないと思うし…
保証料とかもローンに入れるなら4000万超えますよ。4150万くらいになるのかな?大丈夫ですか?
都銀でも多分~三井住友以外の審査はしてみる価値があると思います。
銀行の事前で3980通ったなんて保証会社にとっちゃ「勝手なこと言うな」(私は元保証会社の方で審査していた)と思いますが、たまにムチャする会社もありますから根気強く何行か当たったらいいと思います。
ムリなら諦めたらいいし。
ちょっとムリし過ぎな案件だと思いますが、全く通らないとは限りません。
ちなみに私がいた会社の審査はクレジットカードの枠は見ないです。
クレジットカードも発行していた会社なので下手に解約されたら商売あがったりなので。>わたしも、40百万円もの住宅ローンはよく借りるなと思います。
利息も含めれば最終的には倍近くの金額を返済することを忘れてはいけません。
まあ、最終的には個人の自由ですが。>クレカの極度枠が反映しているのでは?
二枚、解約して解約証明書を添付して申込すると、通るように感じます。
県内で一番大きい地銀で申込をすると、協議も可能なケースは多いですよ>それしきの年収と頭金で、4000万近いローンを組むなど、いい度胸していますね。>

住宅ローンの審査について

住宅ローンの審査について夫名義でローンを組みたいのですが、可能性があるか教えてほしいです。
すみませんが、とても不安なので「可能性がある」、という回答のみお願いします。
現在不動産会社経由で仮審査をお願いしていますが、共同名義で私を含めた申し込みは私が現在育休中のため否決となったところです。
これから主人単独名義のみでの審査に切り替えます。
夫は現在35歳、会社員(非上場の社員70名程度の会社正社員かつ主任)で勤続2年3ヵ月、前職は資格試験受験のためなしです。
年収は前年630万ですが歩合があり前々年は400万円台と開きがあります。
先日主任となり、今後著しく収入が減ることは基本的にありません。
クレジットカードは2枚所持していますが、明日限度額をギリギリまで下げます。
トータルの限度額は60万程です。
カーローンが年43万の返済で、あと240万程あります。
その他ローン等は独身時代に利用していたものの返済が残っており、数万円あります。
ローンカードはもうないので今後利用額が増えることはありません。
カードのリボなどもなるべく繰り上げして減らすつもりですが…物件は新築マンションで3490万、諸経費込みで3660万程度を提示されています。
自己資金は100~200万です。
基本的に住宅ローンは年収の○倍という基準も知っています…不動産会社担当者は満額前提で仮審査をかけています。
これまで3件の仮審査に出し、夫の会社のメインバンクである大手銀行から減額ありで承認出ました。
あとはだめです。
今後はフラット35での審査もお願いしています。
現在賃貸物件に住んでおり、家賃は13万円払っています。
勤続年数や給与の起伏等、引っ掛かる所が多々あるのは承知です。
同様でもローン組めたという方や、その手の情報に詳しい方のアドバイスが欲しいです。
よろしくお願いします。

不動産業界の者です。
単純に前年の年収630万円で計算すると、4700万円くらいまでは借入可能です。
購入諸費用は自己資金で出されるでしょうから、多めに見積もっても3490万円+240万+60万=3790万なので数字的には収まっていますね。
それでも減額、否決されたということは前々年のご収入を見られたからか、借入先が複数あるからかかと。
前々年の収入証明も本申込時には必ず要求されますから、それを出さないというのも不可能ですので・・・可能性があるとすれば、金利は高いものの他よりも審査が緩い銀行。
スルガ銀行、ゆうちょ銀行、イオン銀行は比較的緩めです。
フラット35も緩めですが、物件価格の90%までしか借入ができないのはご存知でしょうか?残り10%を融資してくれる金融機関もありますが、金利が高めなので説明されていない場合は確認された方が良いかと思います。
ちなみにりそな銀行には事前審査は提出されていますか?大手の都市銀行は借入があるとその時点で否決になるところもありますが、りそな銀行の場合は数字が収まっていれば融資してくれることも多々あります。
実際に消費者金融で複数借入をしていたり、カーローンがあって申告したら通ったことが何度もあります。
それとひとつ、あまりたくさん出し過ぎるのも良くないです。
審査を出す度に、各金融機関は個人信用情報機関に情報の開示請求を行いますが、その回数が記録として残ります。
あまりに開示の回数が多いと、貸してくれるものも貸してくれなくなりますので御注意を・・・。

あと一年待てば条件は飛躍的に良くなります。
歩合給の場合、過去三年の平均で返済負担率を割り出している所が多いです。また昇格の件もプラス材料でみて貰えると思います。場合によってはては前年年収基準でみてもらえるかもしれません。一年待って勤務する会社のメインバンクに申し込むのがベターだと思います。>

住宅ローン事前審査を、埼玉りそな銀行にお願いしている所です。

住宅ローン事前審査を、埼玉りそな銀行にお願いしている所です。
結果が出るまで待てばいいのですが、不安で…年収550万カードローン等なし勤続1年半(株式会社になってからは1年)3300万の借り入れです。
書類提出の時に、職務経歴書の提出をと言われ、提出しています。
車のローン等も無いのですが、勤続年数が短いので、やっぱり厳しいのでしょうか?補足ろうきんにも事前出したのですが、NGでした。

あなたの書かれた条件だけで判断するのであれば金融機関によって判断が分かれる所だと思います。
通るか通らないかのどちらかで答えろということであれば、現在は勤続1年以上で通る銀行も多いので通る可能性のほうが高いのではないでしょうか。

正直に言えば難しいと思います。
年収に対しての借入額が多すぎます。>

海外送金について、最良な方法を教えて下さい。

海外送金について、最良な方法を教えて下さい。
日本からスウェーデンに送金したいのですが、最も効率の良い方法が分かりません。
主人のゆうちょ銀行の口座を使って送金したいのですが、毎月小額ですが決まった額を送金することになるので(学生ローンを支払うためです)、最も手数料が取られない方法で…と思っております。
スウェーデン国内ではクローナですが、ローンの支払いは円建てで送金すればよいとのことなので、円建てで毎月ごとに送金できる、最も効率の良い方法を教えてください。
ゆうちょ銀行が使えなくても、他の銀行でおすすめがあれば教えて頂きたいです。
読んで下さってありがとうございました。
補足カテ違いでしたら申し訳ありません。

たとえば10万円未満のお金をスウェーデンに海外送金するために、ゆうちょ銀行でも2500円の送金手数料だけでなく他にも手数料もかかります。
(最後に説明) さらに毎回ゆうちょ銀行窓口まで出かける手間も大変です。
それより1.現在スウェーデンにお住まいなら、日本のりそな銀行などにvisaデビットカードを使ってスウェーデンでキャッシングしてはどうでしょうか。
引き出したクローネをそのまま銀行に預けるとよいでしょう。
なお、両替コストは2.5%、スウェーデンの銀行ATM利用手数料がかかります。
2.スウェーデンの銀行の入金する必要があるなら、PayForex www.payforex.net/jp/merit/reason.aspx という会社が円建て送金を取り扱っていて、小額の円建て送金では一番手数料が安いと思います。
またネット上での手続きで送金できるのも便利です。
あと中継銀行や受取銀行で手数料を差し引かれる場合があります。
一度送金してどのくらい差し引かれるか確認し、あまり大きな額なら2500円を払うとそれ以上の負担を避けるサービスもしています。
ただ、たいていの場合それほどの金額にならないと思います。
〔参考情報〕ゆうちょ銀行 国際送金 スウェーデン www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tukau/kaigai/sokin/kj_tk_kg_s... より抜粋 『送金金額が100ユーロ以上の場合は通常4ユーロの仲介手数料が送金金額から差し引かれます。
(受取銀行によっては、さらに仲介手数料が差し引かれる場合があります)口座登記料が送金金額から差し引かれる場合があります。
』と書かれています。
また細かいことですが、円→ユーロ→クローネと2回の両替コストもかさむので、合計金額として積み重なるとバカになりません。

VISAデビットカードの審査基準につきまして

VISAデビットカードの審査基準につきましてスルガ銀行に口座を開き、VISAデビットカードを入手することを考えています。
しかし、このにそのことについて投稿しましたところ、「審査があり、7割しか通らない」とのご回答を頂きました。
いわゆる信販会社経由の厳しい審査ではないようなのですが、3割も落ちているのは、どのような理由によるものなのでしょうか?業界に精通している方がいらっしゃいましたら、お教えねがいます!

拝見しました銀行口座の付加サービスなので審査とかはないと思いますがスルガ銀行の場合開設される支店や方法によってはカードローン的なのが付いているのでその審査が有る場合ありますマイ支店か店頭なら大丈夫ですが口座悪用防止のため本人確認調査ぐらいはあるかとただスルガ銀行は無料なのでトラブル防止の都合上何かあるかもしれませんが普通は銀行口座のおまけなので開設拒否はないかと現在visaデビットカードを発行しているのは3社しかありません 「イーバンク・スルガ・りそな銀行」…増える予定もわかりませんまた新たにネット通販などネット限定ではありますがジャパンネット銀行からワンタイムデビットもありますリアルのお店では使えませんがネット上のvisa加盟店なら杖ますのでお勧めですvisaデビを使わなくても時間がかかりますが可能

自分もスルガ銀行のVisaデビットが申し込みしたけど、開設できなかった人です。
審査と書いていますがCICなどの機関には問い合わせていないとのことを考えると、住んでいる場所や年齢などを見て判断しているとしか思えません。
クレジットカードは、CICなどの情報機関に問い合わせをして今までのクレジットカードの利用歴などを見ています。
自分は、スルガ銀行に落ちた後クレジットカードに申し込みましたが通りました。普通にクレジットカードが作れる方であれば、クレジットカードに申し込んだほうがいいと思いますよ。>

10月にりそなカード可決、12月にイオンカード可決、1月にイオンカード否決、2...

10月にりそなカード可決、12月にイオンカード可決、1月にイオンカード否決、2月にUFJのバンクイック否決あと2月に代行に個人情報登録してしまい勝手にアコム、武富士、プロミスなどいろんなとこに勝手に申し込みされました。
電話で代行が申し込みしたと話をし申し込み取り消してもらいました。
今の状況でイオン銀行のカードローンは無理でしょうか。

多重債務には厳しいかもね。

住宅ローン審査について質問です

住宅ローン審査について質問です今回、2400万円の新築マンションの購入を考えています。
30才、年収680万円、看護師をしています。
勤務年数は5年です。
お恥ずかしい話ですが、現在カードローン、クレジットカード合わせて400万ほどあります。
これは完済、解約予定です。
あと車のローンが260万ほどあります。
今回UFJ銀行で審査申し込んだ所、完済が条件と物件の2割を入れて欲しいとの回答がありました。
今度はりそな銀行に申し込む予定です。
やっぱり審査通るのは無理でしょうか?

借金がカードと車のローンで660万円。
年収とほぼ同額ですね。
まずはこれを返済して下さい。
神のみぞ知ることだとは思いますが、私の勝手な想像だと、まだまだデフレは続いて、当分は低金利のままだと思います。
まだ30歳なのだから、急いでマンションを買わなくても良いのでは?35歳までに借金を完済して、なおかつ頭金を貯めてはいかがでしょうか?

最も低金利で借り入れられる都銀からの融資は世間が思っている以上に厳しいです。
信金や地銀なら車のローン以外の借金返済だけの条件のみで済むように思います。
でも家を買う以上は借金を無くしておかないと後々お金で苦労する事になりますよ。
借金返済と、自動車ローン分の減額は致し方ないと思います。
借金をするならボーナスの半額で一括返済できる額で収めないとダメですよ。
年収680万円、看護師、病院勤務、住宅ローンを組むのに女性は男性よりも不利になりますが、質問者さんは好条件が揃っているのに。
しかし、好条件も借金が多すぎるが為に条件付き、減額融資を突き付けられたのは他人事ながら残念に思います。
私は新卒から一部上場企業勤務の勤続丸5年の27歳独身女で年収560万円ですが、みずほ銀行から2100万円を借りました。
年収は質問者さんには負けますが、私は住宅購入(親から貰った土地に家を建設)に備えて2年前に中古車を現金で購入したぐらいです。
家を建てるのに際して、2年前から借金が殆ど無い生活を作っています。
大金を低金利で借りるには信用を得る事なんです。
人生の8割りはお金で決まるように、お金の信用力というのは良くも悪くも最強に働きます。
せっかくの良い属性なんですから是非とも都銀から融資を受けられるようにするべきです。>完済、解約と減額条件とは、厳しいですね。
地銀なら満額借入が出来ると思います。>やるだけ審査してみたら?
年収が高めで尚かつ看護士だから大丈夫かも。>

-りそな銀行カードローン

© 2021 お金で買える幸せは全部買え