りそな銀行カードローン

財産税と預金封鎖はどう違うのでしょうか? 今は強制ではないマイナン...りそな銀行カードローン

預金封鎖対策って

預金封鎖対策って何をやればいいのですか?matome.naver.jp/odai/2141457032540346901マイナンバーの危険性!「徴兵制度の復活」「預金封鎖の準備」で個人の権利・自由の制限!プライバシー侵害

2016/5/21 18:01:27

マイナンバー制度について「税と社会保障の公平公正のため」などとデマを流す人は...

マイナンバー制度について「税と社会保障の公平公正のため」などとデマを流す人は情けないですよね?マイナンバー制度で預金封鎖が狙われておりますがdetail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1015463168...実平成9年から大蔵省→財務省が預金封鎖の準備をしていたのはれっきとした現実です。
それから 預金封鎖を否定するときにおかしな屁理屈を言っている人がいますね。
>つまりマイナンバーが無くったって預金封鎖は全然可能なんです。
こんな馬鹿げた話があるはずもない。
昭和21年2月の預金封鎖はそれまで戦争で国交断絶状態であり、外国人の資産はほとんどなく、預金封鎖後一部の政治家や日本に残っていた外国人の預金は、GHQや吉田茂が大蔵官僚を呼びつけて没収対象から外すなどの措置を取って います。
これはのちに福田赳夫ほか多くの官僚の証言で明らかになっていることです。
今の日本で「除外」する作業を作るとしてマイナンバーなくてできますかね?そんなことはありえないのですよ。
増税もマイナンバーも全てに言えることですが、国体維持の名目で官僚利権を温存して国民に泣きを見させることが当然だと思っており、嘘と詭弁を並べて誤魔化しの論理を並べているだけです。
無論マイナンバーで日本人と外国人の資産を識別して日本人の預金を没収するなら迷惑のかからない外国人は不平を言うこともありません。
国際社会がギリシアの預金封鎖や大増税を望んだり、日本の消費税増税を野田政権が決めたときにロンドンの新聞が絶賛したように、自分の資産が毀損されなければ他国民の不幸は蜜の味のような態度を取ってくれるのは証明済みですので心得ている財務官僚は預金封鎖のためにはマイナンバーが必要と判断するのは火を見るよりも明らかです。

2017/7/16 18:34:52

融資見送りをしたりそなやイオンやらからダイレクトメールが頻繁にくるんですが 何...

融資見送りをしたりそなやイオンやらからダイレクトメールが頻繁にくるんですが 何処に苦情いえばいいんですか? どうせ社内の部署が違うとか言い訳するんだろうけど。
今日も銀行いった時に馬鹿な社員が『カードローン』の申し込み如何ですか?と言ってきたので 先日お宅で融資見送りされたんですが、馬鹿にしているの?融資してくれるのか?とつめよったら 腕に腕章つけたおっさんが お詫びにきたけど これが銀行員の現状ですかね?

ムカつきますね。
(-_-メ)私も遠い昔そこらへんの主婦でも簡単に入れると言われていた「セゾンカード」に断られたことを思い出しました。
近くのスーパー西友でしつこく勧誘され「私、VISAもアメックスも持ってますからカードはいいです。
」と断りましたが、まぁ西友での割引もあるしいっか、と申し込んだら、後日「残念ながら今回は見送らせていただくことに・・・」って。
「入れ言うたのはお前やろーっ!」ってムカつきました。
時間を割いて申込書をしこしこ書いたのに。
たぶん直前に退職し派遣社員になっていたせいだと思いますが、当時はバブルの余韻が幾分残っていて派遣技術者の方が収入が良かったんですけどね。
その後も西友に行くたびに勧誘され、「この前申し込んで断られたけど、何かっ?(怒)(怒)(怒)」でしたね。
ちょろこいスーパーならまだしも、銀行にやられるとほんとにどこに文句を言ってやろうかと思いますね。

DMを未開封の状態で、わかりやすいところに赤字で大きく、「受取拒否」と書いて、ポストに入れればOKです。
宅配のメール便などはその宅配業者へ返します。受け取り拒否の旨を業者に言えば持って帰ってくれます。
銀行の場合は・・・ムカツクな~
ホント銀行ってのは・・・借りたい時にはなかなか貸さないくせに、借りる必要の無い時にどーですかー?とか言って来るのよね。
お金が無いから借りたいのに、お金のない人には貸さない。ったくざけんなよ。
あの支店長のじじいのツラは絶対忘れないからな。
いつか、ぜってーひざま付かせてやるからな!!と思ってます。
babyhiropさんと同じ所に、私も断られたことある!!
私の場合は郵貯と合体してるセゾンカードだったんだけど。
だから、ほとんど西友では買い物しません。
トイレだけ借りることはあります。
ゴミも捨てさせてもらいます。
ささやかな仕返しかな・・・。>銀行などそんなもんですよ。たんに口座を持っている人へDMを事務的に送っているだけですから。銀行員なんて人間性を疑うような輩ばかりで、あれほど手のひらを返す職種の人間は銀行員だけでしょう。>

住宅ローンの借入額についての質問です。
(初めてで捕捉が1回しかできないことを知...

住宅ローンの借入額についての質問です。
(初めてで捕捉が1回しかできないことを知らなかったので新たに立てます。
)detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010800624...の追加です。
住宅ローンの借入額についての質問です。
初めての投稿ですが、不安も大きいので、みなさまの知見をお貸しいただけると助かります。
住宅ローンで購入予定の物件があり、一度、三井住友信託と、みずほに審査を出しましたがNGでした。
理由はある程度わかっており、自動車ローンと、ローンカードによるものだと思っています。
最後にりそな銀行に申請をすべく、準備を整えてきました。
状況を以下にまとめさせていただきました。
■年収:自分:1100万円(外資系NYSE上場の大手IT企業、勤続2年、年収のうち200万円を某与党国政政党の後援活動で経費処理)※サラリーマンでありながら、国政のお手伝いをしているという、ちょっと特殊な背景があります。

妻:700万円(一部上場、勤続13年)※合算のペアローンで考えています。
ペアなので1億以上借入ができるというわけではないようです。
皆様できないといわれておりましたが、少なくとも3社はできるといっているのは間違いございませんので、窓販にお問い合わせいただいてもよいと思います。
■購入希望マンション:13000万円六本木、90平米頭金(購入額の5%+諸経費)借入希望額:12000万円、35年ローン■三井住友、みずほ審査時自動車ローン:残債880万円リボルビングローン:150万円キャッシングローン:残債0円(借入可能額:100万円+300万円+カード付帯、合計100万円程)結果:三井住友(自動車ローンの清算で1億融資可能)みずほ(NG、理由は非開示)■現在、りそなで審査予定自動車ローン:完済リボルビングローン:完済キャッシングローン:残債0円(全て解約済)事前審査まではあげていないのですが、不動産担当の方からりそなには全て情報を出しており、ローンを全て返済して完済証明を出していただければ大丈夫だとコメントいただいておりました。
信用情報機関にも問い合わせて、事故や遅滞がないことも確認しております。
個人的に気になる点としては、完済済みですが、直近まで1000万円を超えるローンがあったことと、三井住友審査時には一部解約していましたが合計で900万円もキャッシングできるだけの枠があったこと。
また、海外と大口のドロップシッピングをしており、1回払いですが、月にクレジットカード1回払いで100-200万くらいの出し入れがあります。
(収支的には全く問題ありませんがみずほ銀行で口座の入出金が激しいです。
みずほ銀行の審査では口座の状況も確認していた可能性もあると思っています。
)以上が今までの状況となります。
支払いについて不安視されるコメントをいただきましたが、以下のような背景があるので、あまり気になさらないでください。
親戚が政府要職、親族グループで学校や特養などを経営、定年後も家業を継げることと、15年程度で実家の両親の元に戻り地盤を継ぐつもりなので、その後は賃貸投資にまわすつもりです。
(賃貸で近くのアークタワーズレジデンスが築25年で同じ規模だと月50万前後の賃貸料です。
資産価値は高い物権です。
)実家も土地資産など1億以上の資産はあります。
なお、現時点で親からの援助は全く考えていません。
(実家に戻ることが前提なので反対されますし、親に頼るような生活はしていません。
)社歴は2年ですが、同じIT企業からキャリアアップのため転職しており、今が3社目で、バックグラウンドはしっかりしています。
また、この業界で2-3年で転職はザラです。
200万の経費減損ですが、政権与党に戻ったので、持ち出しはなくなり、今年はプラスで、トータルの世帯年収は2100-2200万くらいになる予定です。
もう少し待てばという意見がありますが、その物件以上の物件はもうでてこないというくらい、自分にとってはすばらしい物件なのでチャンスを逃したくないのです。
虎ノ門ヒルズは都道の上なので、分譲はないと聞いています。
一番気になる点として、借入が0で解約済みであっても、今まで借入可能なローン枠がかなりあったことに対するマイナス評価と1回払いでの支払いの入出金が非常に多いこと(年間で2000万円くらいの購入をクレジットカードでしています。
)、頭金の比率が低いことです。
最後に皆様からご回答いただき、思った質問ですが、都心、山手線県内で100平米弱ですと新築マンションであれば普通1億は超えると思うのですが、個人の背景は別として、今現時点で一般のサラリーマンには買えないような高嶺の花なのでしょうか?一般のサラリーマンの方は沿線、圏外に住むしかないのでしょうか。

また、返済は年収の5倍ということでしたが、その規模であればわざわざ35年も組む必要はないのではないかと思っております。
年収1000万の方で、可処分所得が750万円だったとしたら、250万円くらいは問題なく支払えると思うので、5倍の定義で5000万円(金利1250万円として6250万円)の借入であれば、25年で十分なのではないかとも思った次第です。
何卒宜しくお願いいたします。

この物件最高ッ!!って思ってるうちはその物件の悪い所に気付けないんだよね……。
買いたいなら買えば良いと思う。
けど、親がそんな金持ちならある程度親から借りた方が良いんじゃないかなと思う。
金利分で親孝行してやんなよ。
ああ、あと大手IT企業勤務は「普通」のサラリーマンとは言えない。
「普通」のサラリーマンじゃあまず購入不可だろよ。
比べてやんなw

自宅購入とサラリーマン大家の経験、周囲からのいろいろな話を総合すると、下記のように感じています。
1.住宅ローンのベーシックな部分は各銀行ともほとんど同じ(勤続3年以上、上場企業、他の借金なし、返済額が年収の3割以下、など、一般的な条件の場合)ですが、住宅ローンでも一般的でない場合、あるいは事業用ローンの場合などは、金融機関により、担当者により、条件は区々で、銀行から正式の通知をもらうまで、融資の可否はわかりません。
2.そのときの金融情勢により、融資の受けやすさは大きく変動します。数年前、融資のお願いを銀行支店の担当者がまったく取り合ってくれなかった(門前払い)が、ここ数か月は、支店長が何度も訪ねてきて、融資を受けるように依頼される、と、知り合いの事業主が言っていました。
3.不動産屋のセールスマンのセールストークは信用できません。10人に一人くらい、最初からリスクをきっちりと説明してくれる人が居ますので、そういう人に当たるといいのですが、多くは、調子よく、お客様なら一億の融資でも大丈夫、などど言い、調子悪くなると逃げてしまうような人です。
4.勤続年数は、3年未満は問題になる場合が多いようです。知人が、家を物色中に思いがけず同じ資本系列の別会社の役員になってしまい(抜擢による大昇進なのですが)ローンが通らなかったといっていました。その後すぐに目黒に豪邸を建てたので、別の金融機関が融資したんだろうと思いますが。。。
以上が一般論ですが、貴殿の場合は、億を超える物件をほとんどフルローンで購入することになり、かなり特殊な案件となります。金融機関側でも、かなり念入りに審査するだろうと思います。
一方で、金融情勢は、上にも書いたように好転していますので、融資を受けやすくなっているかも知れません。
====
築年数がわからないのですが、1.3億の物件をほとんどフルローンで購入することは、一般的には、危険です。ご夫妻の年収を合算しても、ちょっとオーバーローンになるように思います。
IT業界は、とりわけ浮き沈みの激しい業界ですので、非常に良い時期もあれば、悪い時期もあるでしょう。悪くなった時に破綻しないようにするためには、もう少し現金をたくさん持つ必要があるように思います。
ご両親からいざというときに援助を受けられる場合は別として、ご親族の資産や社会的地位は、あまり関係ない、というか頼りにしないほうがいいでしょう。もちろん、ご親族が経営している会社の大株主である、などの事情があれば別です。
====
郊外の戸建てから都心部のマンションに、需要が流れてきていることは間違いありません。
都心のマンションでも、赤坂、青山、麻布、六本木などブランドエリア以外では、山手線内で、平米100万をちょっと超える程度の新築もあらわれました。中古でも、1億未満でまずまずの物件があります。
ざくっと言って年収1500万以上の層は、こういう物件に流れているように思います。
あるいは、山手線から15分以内の近郊の戸建て。
しかし、瞬間風速で年収2000万を超える人は多いと思いますが、20年継続して2000万を超え続ける人はぐっと少ないのが実情です。
それで、頭金をため、ローンの金額は、年収の3~4倍に抑える人が多いように感じています。
私は、頭金がトータルの半額以上、ローンは年収の2.5倍程度に抑えました。(妻の収入は除く)。もちろん、短期返済です。
====
最後に、もし今回のマンションを入手し、自宅から賃貸に切り替える場合。
住宅ローンを一括返済し、もし不足があれば事業用ローンに切り替えることになると思います。事業用ローンは担保価値がすべて、と言ってもいいですし、住宅用ローン以上に、金融機関の胸先三寸で融資を受けられるかどうかが変わります。
うまくいく保証はない、と思ってください。
事業用ローンの銀行との交渉は、住宅ローンと比較にならないほどタフですよ。
銀行がダメだと、利息が高い、ノンバンク系に話を持っていくことになると思いますが、だんだんドツボにはまっていきますね。
単純に余剰資金の投資(自己資金と融資と半々、など)であれば、銀行が融資をNGにした時点で投資をやめればいいのですが、自宅の場合、切羽詰ってきますので、準備は入念に、返済は速めにすることが大切です。
マンションの価値ですが、新築に近いと、建物部分は急速に下落していきます。実勢価格としては、新築と築10年はおおいに異なりますが、築10年から20年は、築年数よりも、住民の質、メンテの状況に依存し、場合によって、あまり下落しないこともあります。住民の質とメンテがよければ、六本木は立地としては文句ないでしょう。
もうひとつの評価ポイントは、区分所有の土地の価格です。土地の価格がトータルの価格の7割を超えれば、安全な物件だし、融資も受けやすいと思いますが。。。。>質問の意図を理解しかねています。
要するにあなたは買いたいのでしょう?
大丈夫と言ってもらいたいのでしょう?
どうぞ好きにすればいいと思う。
世帯年収1700万で住宅に2000万借りた自分には、有意義な回答はできそうにない。
銀行員での経験から言えば、億ションは大半を自己資金で用意した人の買うものだと思う。
25年35年かけて払うもんじゃない。>前回回答したものです。
ほぼ、northfly84さんが回答された内容で言い尽くされています。
りそなで「ローンを全て返済して完済証明を出していただければ大丈夫」と言われているのであれば、ご親族からの支援も必要なく、何をご心配されているのか正直わかりかねます。
また、ご自身のことを「一般のサラリーマン」と書かれていますが、「一般」ではなく相当な「高収入、かつ、資産家一族」です。
高収入だから、返済に回せる余裕があると書かれていますが、それなりの収入の方は、それなりの生活水準を維持するために、生活費・遊興費等が高額になるのです。その1つが、自動車ローンの残債が900万弱もあるということです。一般のサラリーマンが1000万前後の車を購入しません(出来ません)。お子さんも、幼稚園・小学校から有名私立に行かせたり・・。
大変失礼かと思いますが、ご自身の世間での"立ち位置"をよく見直された方がいいと感じました。>一億を超えた融資になりますと、これは個別案件だと思いますので、「一般的な常識」とは異なると思います。
従いまして、不安な気持ちは大変よくわかりますが、ここであれこれ聞いても役にたたないと思いますよ。
りそな銀行の方がまず大丈夫というからには、それなりの根拠があるのではないですか。
ご実家の資産なども書かれていますが、実家からの援助を受けないわけですので、融資判断材料になりません。
また将来の収入の予定も融資判断の材料になりません。
今の収入、今の返済能力での判断になりますから、ここの皆さんから「厳しいのでは」という意見が多いんだと思います。
三井住友で1億ならOKが出ているのなら、足りない分をご実家などに援助してもらって購入されるのが一番の近道と思いますが・・・>前質問に回答した者です。
住宅ローン返済途中での賃貸しを想定しているご様子。
トピ主様の周辺は資産家等が多いのでご存知だとは思いますが、
賃貸物件には住宅ローンは利用出来ません。
自宅を賃貸に出す場合は、住宅ローンを一括精算する必要があります。
一括精算不可の場合は、別途賃貸物件用のローン(利率は割高)の借入等の利用が必要になります。
その時点でトピ主様に賃貸物件用のローンの融資が下りるかは不明です。
うちは私の実家が少々の不動産持ちで不動産賃貸業(オフィスビル、駐車場、単身向けマンション)をしているので大変さは良く判ります。(父は普通のサラリーマンだったので所謂資産を利用したサラリーマン大家さんですが)
賃貸は出入り時のメンテナンス費用も必要です。(全て入居者側負担という訳ではないですし)
高級物件だと入居者の入れ替え時のメンテナンス費用の単価も高くなりそうです。(素材も賃貸用の安物は使えないですし)
今の時点で諸費用+頭金が1000万しか出せない(出さないとは違うのでは?)、普段の生活の仕方(高額な車をローンで購入やリボの利用)を考えると、
トピ主様が机上で弾き出す返済が出来るか疑問があります。
(今の時点で諸費用別で3千万の頭金が余裕で出せるなら購入検討しても良いカモ?)
また、賃貸向けの物件と自己保有(自分の欲求を満たす)の物件では選ぶ観点も違ってきます。
今はアベノミクスで不動産も上げ基調ですが、アメリカや中国(中国は近い将来で可能性高い)がくしゃみすれば日本は風邪をひきます。
外資系ならご存知のはず。
(土地含む不動産資産は相場の変動で価格が変わりますが残債は変りません)
構造改革は厳しい上(ほぼ無理)、既に人口も減少し始め、世界的に見て日本というより東京という場所の価値自体が下がっている現状はご存知ですか?
人口が減っているので、海外からの富裕層が多数流入しなければ経年と共に高級賃貸を利用するターゲットも減少します。
その辺りはどのように想定されていますか?
年収1000万クラスの普通のサラリーマンなら山手線内側の新築億ションはあまり買わない選択をする人の方が多いと思います。
子有りだと買えないでしょうし
世帯年収2000万クラスのDINKSでなんとか買える状況だとしても、いつまでDINKSなのか健康まで考えると高額ローンを夫婦ともが長期でというのはリスクが大きいですし…。
ローン期間については短期間で返済可能でも団信等のメリットを考えてリスクヘッジで期間は35年にする人もいますよ。
うちも住宅ローン利用し6年ちょっとで完済済みですがリスクヘッジで借入期間は35年にしました。
借入時に最短返済期間は減税期間(当時は6年)位から最悪10年で繰り上げ返済前提でした。
(地方なので物件価格自体が当時:夫35歳妻30歳当時の二人の保有金融資産の8割で買える物だったので)
うちの経済力と過去の返済歴からするとトピ主様の物件は25年位(マージン含めると30年)で完済できそうですが、自分はそんなに長期間借金に縛られたくないので購入しないです。
ペアローンにしたから辛くても仕事辞められないとか妻の立場の自分からするとNGです。(極個人的な考えですが)
資産を不動産に過度に集中させるのもリスクがあると思うし。(うちはリスクヘッジ考慮の分散保有派なんで)
トピ主様の場合、タラレバの背景(確実性が低いと見受けられる)と、実際に体験していない机上の空論と情報不足の状態に見受けられます。
夫婦2人で500万以下で今まで実際の生活が出来ていたなら、車ローン無、リボ無で、頭金ももっと多いでしょうし…。
資産家の実家や有力者のご親戚に相談できないなら、こんな場所で相談せずにお金出して独立系FPに(途中で賃貸に出した場合含む)資金繰り等ご相談されてからの方が宜しいかと思います。
不動産のデベ経由のFPは相談してもダメですよ。売りたいので良い事しか言わないですから。>

年収230万円の会社員勤務歴3年25歳

年収230万円の会社員勤務歴3年25歳自分は親が職を失い親の住宅ローンが残り約90万円程あったのですが返済に当てるお金がなかったので私がカードローンを契約して限度額100万円にしてもらいそれで返済しました????会社で運転免許が必要になり運転免許クレジットで分割支払いをしたいと思うのですがカードローンに借金が100万円あるので無理でしょうか ? ?教えて下さいよろしくお願いします????

まず今更なんですが、失職したとはいえ親名義の住宅ローンをそのままにして、あなたが払い続けた方がよかったと思います。
(事情があったのでしょうけど)運転免許クレジットとは免許取得のためのローンでしょうか。
用途もはっきりしているので可能性があると思います。
また銀行で専用のローンなども通りやすいかも知れません。
例;りそな銀行の免許ローン(プライベートローン)

過去質で同じ質問をして、その回答を元にさっさと免許クレジットの会社に確認をせずに、また同じ質問するのは何なの?
回答しても意味ないじゃない。
どんな回答を求めてるの?>現段階において、年収の半分の借入れがある以上、
クレジット審査通過するとしたら、カードローン一括返済するしかなしでしょう。
一括返済して半年以上経過して、クレジットの申し込みしてみることです。それ以前ではまず見込みナシかと。
まぁクレジットの申込みは新年(2015年)になってから。>

マイナンバー制度導入により預金封鎖の可能性が言われていますが

マイナンバー制度導入により預金封鎖の可能性が言われていますがこのようなものは預金封鎖対策になるでしょうか?**************預金封鎖時においては、不動産についても一定の課税をして不公平感をなくすことがあるとされています。
すなわち不動産を保有しているだけで、借金を背負う形になります。
株式に関しても保有株式のある程度の割合を課税という形で没収になることがあるとされています。
日本の銀行の外貨預金は日本円で預金しているのと同様です。
なお、銀行の貸金庫に金の地金などを保管している場合は、日本円を銀行に預金していると同様の扱いを受けます。
(持ち出し制限対象となる)外国の銀行の海外の支店に預金している場合は、預金封鎖の対象となりませんが、各国政府に対して日本人の預金情報開示請求が可能であるため、課税対象となる対象国は実に多くあります。
(=事実上、ほとんどの外国の銀行ではこの手法は使えません)このため、一番確実なのは物に変えてしまうことです。
換金性が高い物は、GOLDとプラチナなどの貴金属です。
社会システムが混乱して現金が信用おけなくなった時は、プラチナは不利でGOLDのほうが有利です。
なぜなら、水さえあれば本物であると証明できるからです。

2016/11/7 04:35:17

再度質問です。

再度質問です。
以前カードローンの件で質問させて頂きました。
その時は埼玉りそな銀行と武蔵野銀行を考えていたのですが、三菱東京UFJ銀行のバンクイックで申込みをしようと思います。
皆様にご意見をお聞かせ頂きたいのですが、私の属性で審査が通るでしょうか?40才女性会社員 年収330万円勤続8年クレジットカードキャシング10万円車のローン150万円借り入れ希望額70万円皆様宜しくお願い致します。

厳しいかと思います。
今、収入の3分の1という決まりがありますので。
まして、銀行のローンだとクレジットのキャッシングの利用が上がってきますから厳しいかと思います。

住宅ローン迷っています。

住宅ローン迷っています。
この度、新築の戸建ての購入を考えています。
りそな銀行と三菱東京UFJ銀行に事前審査提出し、どちらも審査は通りました。
(ネット銀行は考えておりません。
)りそなは優遇金利が-1.75、UFJは-1.7との事でした。
金利だけみれば1000円弱しか変わりませんがりそなの方が得ですよね。
今の給与振り込みはUFJです。
りそなの方はカードすら持っていません。
ただ、こちらは不動産屋が提携しているので進められました。
購入はさいたまなので、りそなの方が良いのかな?とも・・・。
金利も特別変わりはないのでUFJでもとも思い、とにかく迷っています。
金利以外で繰り上げ返済手数料なども比較しましたが、そこまで変わらないのかな?と。
ただ、りそなは30年固定がないので、数年後固定にしたいと思った場合に最長でも20年しか出来ないのは少し心配です。
住宅ローンの比較サイトや各銀行のHPを見ましたが、私の頭が悪いせいか、どちらにしてもあまり変わりはない?と。
だとしたら給与振り込みで取引のあるUFJの方が良いのか?それとも不動産屋提携のりそなの方が良いのか・・・この二つで迷われた方はどちらの銀行にしましたか?補足書き忘れましたが、りそなの場合、今年度の見込み年収を会社で書いてもらえれば-1.75、なければ-1.7との事でした。

両行とも条件に大差がないのであれば、やはり利便性で選択してはどうでしょうか?りそなにした場合は、給料をUFJで下してからりそなへ送金、または入金の作業が必要になりますが、UFJにした場合は、給料が勝手に引かれていきますので、質問主様が動く必要がありません。
給料口座を自由に移せればどちらでも大丈夫ですが、一般的にUFJは、住宅ローンに関しては「貸してやってる感」が強い銀行と言われています。
態度もそっけないですし、万が一の延滞の場合、通常の銀行は競売まで6か月程度は待ちますが、UFJは3か月の延滞で競売手続きに入ります。
そう言った事も考えお選びいただければと思います。

下の方も書かかれていますが、優遇幅(実際には、引下げ幅とかを使っていますよね。なぜなら、優遇て使えないから)を書かれても意味がありません。
重要なのは、出来上がりの金利がいくらになるかです。
それと、同じ引下げ幅であっても、当初○年間はこの引き下げ幅が適用されるけど、〇年後からは引き下げ幅が小さくなるとか、そういう条件もありますから一概に、引き下げ幅だけ書かれてもわかりません。
また、金利は各金融機関が決めるもの。たとえば今が同じ金利でも、A銀行は+2%上がったけど、B銀行は+1.5%しか上がらない可能性もあります。
だから、今の金利だけをみて、りそな銀行がお得だとは言えません。
それと、住宅ローンを借りるには手数料や保証料などの費用が別途かかります。
そういう費用も検討してみないといけません。
よく誤解されている方がいるのですが、金利が安い金融機関がよいローンだとは限らないんですよ。
よいローンとは、貴方にとって返済がしやすい銀行。そして、あなたにとってメリットがある銀行のローンです。
たとえば、給与振込があるMUFGなら、延滞の恐れってほとんどないですよね。
でも、りそな銀行なら振込先を変えられなければ、毎月、振込をしないといけないかもしれない。振込のたびに手数料がかったり、延滞する可能性だって高くなるんですよ。
あと、繰上げ返済手数料もですが、保証内容もよく見てみないと・・・・。
結局、あなたにとっとどちらの銀行のほうが使い勝手が良いかが重要なポイントです。
不動産業者は自分たちにとって都合がよい金融機関を勧めます。お客さんのメリットなんて考えていません。
選択肢があるということは、貴方にとって大きなメリットです。
疑問があるなら銀行の窓口に相談して比較してみてください(不動産業者は聞くだけ無駄ですので・・・)
そのうえで納得した金融機関を選択されることをお勧めします。>補足について!
最初にも書きましたが、優遇金利を見る前に『住宅ローン金利』が一番重要なんです。
ですので、▲1.7や▲1.75はもう考えないでください。
正直言って、どこもそうですが、借り審査やシュミレーションの時点ではあくまで大まかなことしか記載したりしないので、契約時直前に色々出てきます。
何度も言いますが、優遇金利ではなく!!
あくまで住宅ローン金利票を見てください。
あの・・・
優遇金利ではなく、支払金利はいくらなんでしょうか?
4月借入金利というものを見ないといけません。
支払いは優遇金利のマイナスされるパーセンテージを見ては意味がありません。
調べましたが両方の銀行とも変動タイプは0.775%でした。
上記であれば私は給与口座を変えない方にします。
りそな銀行も固定金利は20年までありましたが、提携していないのか?いまいちわかりませんが・・・
だけど、変動金利は急激には上がらなくても6か月ごとの金利見直しがあります。
これから経済情勢が良くなれば金利の変動もあり得ます。
その時に慌てて借り換えしようとも、今よりも確実に金利は上がりますし、変動金利が上がりだすと固定金利はもっと高いです。
そして、何よりも融資実行時の金利なのでいつの時期に借り入れ実行するかによって変わります。(これは固定でも同様です)
ずっと同じ金利で借りているのか?
固定の10年間に一生懸命元金を減らすために繰り上げ返済するのか?その個々のシュミレーションによって固定なのか変動でもいいのか見極めた方が良いです。
考えるべき点は・・・
10年固定後にそのまま変動で支払い続けるのか?
良い条件があれば借り換えるのかにもよりますが、借り換えにはさらに登記関係もあるので借り換え手数料が50-70万かかってしまいます。
その辺の先行きもきちんと考えないと目先だけで借り入れすると10年後に厳しくなる可能性もあります。
ちなみに、フラット35や銀行関係の35年固定金利は2-3%前後です。
あくまで、上記は私の考えなので、よく金利を考え将来的に変動でいいのか?その辺をもう一度しっかり考えた方が良いかと思います。>

住宅ローンについて質問です。

住宅ローンについて質問です。
住宅ローンでフラット35を申し込もうと思ってます、そこで以下の状態で審査通るか教えて下さい。
・住宅ローン借入2000万・35才、勤続16年・年収430万・オートローン残り30万・貯蓄250万・妻、子2人・妻はパートで年収90万4年半前に任意整理して、3年半前に完済済みただ事故登録(ブラック)されてないのか分かりませんが4年ちょっと前に330万のオートローン通り、2年前には楽天カードや他クレジット(ETCカード)の発行はすぐ通りました。
この審査通りますか?通らないようであれば、オートローンを繰り上げ返済すれば通りますか?

まずは、個人信用情報をとってみることです。
CICwww.cic.co.jp/※パソコンからでもカードがあれば取得出来ます。
データの見方も解説されてます。
JICCwww.jicc.co.jp/全国銀行協会www.zenginkyo.or.jp/※郵送のみ住宅ローンは過去5年分の個人信用情報を見て、借入の遅れ等があると不可回答になってしまいます。
債務整理は完済後5年、自己破産は7~10年でデータが消えます。
(私のお客様で自己破産後7年で住宅ローンが通りました)その時借りていた金融機関によってはデータ内容が良くない可能性もあります。
データに悪い内容が何も残っていない状況であれば、ご主人の勤続・資金状況で、フラット35で2000万円は簡単に通るでしょうが、問題は上記通り、個人信用情報だけでしょう。
430万の年収でしたら、銀行によりますが35年で3500~3700万円の住宅ローンができるので車のローンを完済してもしなくても大丈夫だとおもいます。
(オートローンの年間返済額が大きいと状況が変わります。
)当然、借入は無いほうが良いので住宅ローンが内定したら返すという『完済条件』で審査をかけてみるのも良いと思います。
一つ心配なのが、フラット35は現在、物件価格の9割までの融資です。
残り1割と購入諸経費は自己資金で対応しなくてはなりません。
(SBI住宅ローンや首都圏ですとりそな銀行のスマイルパッケージは100%ローン可能)物件価格や建築価格が2000万円だと、貯蓄額250万円では若干厳しいと思います。
注文住宅などで新居を建てるのなら、オプションや外構費で多めに申請してしまう事もできますが、グレーゾーンの話なので、、、。
手付金などの経費を含め、新居のことについて相談されているご担当に確認されると良いでしょう。
参考にしてください。

財産税と預金封鎖はどう違うのでしょうか?

財産税と預金封鎖はどう違うのでしょうか?今は強制ではないマイナンバーが将来銀行に強制提出になった場合はいつでも国民の財産を奪い取る体制が整うそうです。
どうせ低金利だし、金融緩和と低金利と手数料で 預金する意味も薄れています。
消費税増税でお金を使うこともないでしょうし 預金を引き出してどこかに隠して置いた方が良いのでしょうかね?sekaitabi.com/mynumber2.htmlマイナンバー実施の真の目的日本の財政は異質 政治家が関与する予算は4分の一、残りは役人の裁量(途中部分部分省略の上ポイントを抜粋)当時野党民主党の石井紘基議員が意味不明の理由で自称右翼の男に暗殺された遠因は、この特別会計の闇を調べ、核心に迫った時点での出来事だ。
嘗て塩川正十郎財務相が特別会計を例え「母屋ではおかゆ食って辛抱しようとけちけち節約しておるのに、離れ座敷で子供がすき焼き食っておる」と表現した「特別会計」と云うもの、日本の財政の主たる癌だと言っても過言ではない。
この「特別会計」の闇は深い。
明治時代から営々と闇から闇で会計処理されている。
一般会計の予算が90兆程度なのに、18種類の特別会計の合計が367兆円なのだから、我が国の予算規模は実は500兆になっている。
あまりにも不自然だ。
一般会計と特別会計の間では、行ったり来たりの勘定や国債償還予算もあるので、100兆円程度は財務省等々の役人どもの裁量の特別会計だと大雑把に捉える事が可能だ。
この特別会計が存在する限り、財政の透明化自体、嘘の上に嘘を重ねるようなもので、日本が異質な国だと言われる所以でもある。
この特別会計の実態が充分に解明されるのは不可能に近いのだろうが、一定範囲で解明しないことには、世界経済の中で異質にも関わらず、一般会における収支を持って、増税だ、緊縮財政だ、と言われても納得は出来ない。
そこに触れられることなく、表向きの仮面でもある「一般会計」において日本の財政はすでに破綻しているとされ、それを埋めるためという口実で実行される可能性が大いにあるでしょう。
そしてこのマイナンバーを、その「膨れ上がった国の借金の解消」=預金封鎖の準備のためと見ることができます。
前述のよう実際には予算は余っていて、特別会計で甘い汁を吸い上げながら、国民からは表向きの借金を帳消しにするために財産を没収しようという魂胆です。

預金封鎖と財産税は違います。
財産税は日本国憲法で定められている通り国会審議を通して法案可決しないといけませんが預金封鎖は法改正により首相官邸内で短期間で決定可能です(これは小泉内閣時代に金融危機の名目で金融機関の生殺与奪をする決定権を金融再生委員会から首相に権限移譲する法改正がされたためです。
勿論これは預金封鎖の布石と言うはずもなく個別の金融機関の破綻処理のためとされてこの後りそなや足銀で破たん処理に個別に適用されています)。
国会議事堂は一切関与しません。
即日しかも1時間も経たないで決まります。
上記2つの銀行の場合それぞれの取締役会で自主再建を断念したと金融庁に報告を上げてから首相の最終処理まで新聞は情報を追えずに一切記事にできませんでした。
従って事前洩れて取り付け騒ぎなどなく極めて秘匿性の高いものです。
終戦直後の預金封鎖では第一封鎖預金と第二封鎖預金に分けられて 第一封鎖預金は月に一定額の払い出しが認められ他は切り捨てられました。
これは必要最低限の生活費や企業の決済は認めないと経済活動が完全に停止するからです。
たとえば2002年に創設された新型決済性預金もその布石だと言われていますね。
ですのでこの預金封鎖をモデルにするならご質問ようなこともありえます。
様々な資産が危ないと考えた方が良いです。
証券や銀行などの口座(将来マイナンバーで捕捉予定の資産)、あるいは不動産登記など 国が情報管理できるものは安心できるものはないと考えています。
勿論日本円も安心とは考えていません。
不換紙幣は本来ただの紙切れであり国が価値を認めて維持しているものなので、各種法令や日銀の金融政策でいくらでも価値を落とせるからです。
大蔵省時代から預金封鎖の意思をはっきり法整備を進めています。
この上でマイナンバーは日本国民の個人資産を確定する上で重要とみなされています。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1215576366...その上での話ですが・日本円が安心できな理由預金封鎖なんてされてしまえば勿論ですが、それなくても資産価値を落とされる可能性が大です。
2000年に経団連が財務省と検討した内容を経団連が勝手に暴露してしまったことはあります。
(これは歳出構造を見直さないシナリオですが)・消費税率は段階的増税で 25.5%・基礎年金給付は賃金スライド実施。
報酬比例部分の給付水準は既定路線を維持(5%抑制)・基礎年金国庫負担割合は2分の1に引き上げ・厚生年金保険料率は段階的に34.5%にまで引き上げ・一人当たりの医療費は毎年前年比4%ずつ増額していく・高齢者医療費は自己負担2割・医療保険負担は現行制度を前提とした負担増の1.4倍・その他所得税増税などで国民負担率を72%~80%超にまで引き上げる。
ちなみに、歳出構造を見直し 特殊法人などを徹底的に整理した場合は国民負担率は47~48%で済ませられる試算も出しています。
現在が約4割ですのでほとんど増えないことになります。
普通に考えればこんなことをすれば財布の紐は固くなり消費が冷え込んで当然。
しかしこの国民負担増のシナリオでは名目経済成長率を+3.5%と設定していることです。
名目経済成長率がこんな高いのは金融緩和などをして円資産の価値を落とす前提であるを意味しています。
安倍政権は日銀総裁に大蔵省主税局出身の人物を送り込んで金融緩和をして「この道しかない」と主張しているのです。
つまり紙幣を刷って市場に流すことで強制インフレをすれば見かけの税収減は増やすことができ、それを景気回復と称して更に増税の口実を作る。
結果円安は進み物価は高騰し国民の資産価値は目減りしさらに増税で預金を持っている限り富裕層でも貧困層に叩き落される可能性が高まっているのです。
今の金融緩和も似たようなシナリオで動いているにすぎません。
・株が安心と考えていない理由1997年~2004年までの間の大蔵省(省庁再編後は財務省)が目論んでいた金融資産の税制まず株から手を付けてそこから納税者番号制を導入すると言う道筋をつけており自治省(省庁再編後は総務省)まで手を貸しているからです。
預金封鎖の検討を始めたと言われる1997年の段階では実のところ個人資産を把握するための番号制の導入の理由(口実)はほとんどありません。
【理由1】かってグリーンカード導入の理由となっていたマル優制度は消滅させることが決まってこれを口実にすることができない。
【理由2】預金の利子所得は源泉分離課税であるためもし仮名口座であっても脱税のやりようがない。
また証券税制も当時は売却代金の1.05%に課税する源泉分離課税が存在したため同様に脱税のやりようがない。
だから脱税を理由に番号制を導入することができない。
【理由3】源泉分離課税は銀行や証券会社が代行納税する制度であるため国税当局の負担にはならない。
なので事務負担軽減理由に番号制を導入することもできない。
そこで当時の大蔵省はこのようなシナリオを考えました。
「理由2と理由3をなくしてしまおう。
つまり脱税しやすい税制を創設し、税務署の負担を激増させる制度に一度改悪する必要がある。
そのために証券税制の源泉分離課税だけを廃止して預金資産との間の不公平感を煽り、預金の利子所得も公平を期すためと称して源泉分離課税を廃止し、完全に源泉分離課税を潰したうえで 金融資産だけの納税者番号制を導入しよう」そのために出てきたのが証券税制を2000年4月から源泉分離課税を廃止して申告分離課税にすると言う話になります。
預金の利子所得の源泉分離課税は据え置きです。
これは証券業界や個人投資家が大騒ぎするほどの不公平税制で、預金の利子所得は青天井でも配偶者控除など各種控除が認められるのに対して、 株はリスクマネーであるのに増税の上に、預金利子にはない地方税6%の上乗せ、さらに控除も一切認めない。
損失繰り越しも一切認めず、他所得との損益通算も一切認めず、さらに健康保険料も増額と言う物凄い内容でした。
反発が凄かったので紆余曲折を経て増税内容を緩和して2002年1月から新税制が始まりますが一応従来の源泉分離課税を潰すことには成功します。
そして不公平税制を実現した後で2004年に金融資産所得一元化税制とかいう 勤労所得などを除いた 株や預金などの金融資産に関する所得を総合課税化して この金融資産だけに納税者番号制度を導入すると言う案を持ち込んできたのです。
www.jri.co.jp/page.jsp?id=13599所得の捕捉をせずに 今まで脱税のやりようがなかった資産の捕捉をすると言う目
的は言うまでもないことです。
2001年11月22日の参議院総務委員会議事録によれば、民主党の松岡満壽男の質問に対して総務大臣の片山虎之助が【理由2】にあたる源泉分離課税廃止の法案可決に尽力したと答弁しています。
つまり、税収とは関係のない総務省がこの税制実現に既に動いていたということです。
何をやりたいかというと、株式も含めた金融資産全て番号制で把握する計画が以前から進行していたことを意味します。
つまり、(今は決まっていませんが)株はマイナンバー制の捕捉対象に入ることはほぼ確実と見るべきです。
・不動産が安心と考えていない理由預金封鎖が行われると国民の資産が失われ購買力が低下するため不動産需給が好転するとは思えずこのこと自体問題ですがもっと懸念すべきことがあります実は2004年の納税者番号制が提言されたのと同じ年に不動産の税制もいじられています。
それまでは、不動産譲渡損を他所得と相殺する事が認められていましたが、これが廃止されます。
この成立過程が非常に不可解です。
自民党税制改正大綱に盛り込まれたのが2003年12月27日、国会で可決したのが2004年3月26日であるのに2004年1月からの取引が対象となります。
おかしことに気が付きますか?通常は住宅ローン減税のように法案が可決しても施行まで猶予期間があるのが普通です。
過去に遡及するのはおそらく前例がないと思います。
金融資産同様、不動産も労働による所得と分離しています。
財務省にとって「ごちゃまぜに合算されては困る」事情があるようです。
実際、国民の資産の何割かカットする事態に発展した場合、家だけあって預金がない人は家を放り出されることになりかねないので、不動産は安全である可能性もありますが、資産と労働や事業の所得を分離する方向で事を運んできた財務省ははっきりと不動産も資産家扱いしているのが不気味です。
以上を纏めると・円建て資産は持たない・マイナンバーで将来捕捉されうる資産は持たない・外貨か貴金属などを手元に置きかつゲートキーパー法の適用対象外の200万円未満の分割購入が考えられる対抗策だと思います。
あわせて、保有する実物動産(不動産ではない)は表向き紛失や盗難などを装っておけば保険にもなりえます。
※ただし、貸金庫はNGです。
犯罪収益移転防止法で契約も本人確認で捕捉されます。

-りそな銀行カードローン

© 2020 お金で買える幸せは全部買え