りそな銀行カードローン

国賊にだまされて預金封鎖の警戒を怠るべからず マイナンバー制度を...りそな銀行カードローン

学生向けMUFGカードの審査

学生向けMUFGカードの審査学生向けMUFGカードの審査は厳しいのでしょうか?先日、MUFG学生向けのカードを申し込みましたが、審査の結果発行拒否されました。
個人的には通ると思っていたので、ちょっとびっくりしています。
確かに現在、楽天KC、ビックカメラSuicaのカードを持っているのですが、最後のカード発行から6ヶ月は経過しています。
いずれのカードも滞納はなく、どちらも毎月一定額利用しています。
思い当たることといえば、インターネット回線・プロバイダ料金の滞納なのですが、こちらはローン(借金)ではないので信用情報機関に登録されることはないと聞いています(これ自体、誤りかも知れませんが)。
また、奨学金についても「ローン」とはならず、また実際に滞納があった場合に初めて信用情報機関に登録されるとのことでした(現在はまだ受給中です)。
先に挙げた「思い当たる節」がその通りなのか、それとも持ちすぎなのか・・・疑問です。
誰か回答をお願いします。
ちなみに、1枚目の楽天KCは特に何も考えず、楽天のヘビーユーザーであることと、年会費も無料でポイントもたまる学生向けカードとしてちょうど良いということで作りました。
2枚目のビックカメラSuicaカードは学生向けではありませんが、問題なく審査に通りました。
Suicaへのオートチャージができて、年会費が実質無料ということで作りました。
今回作ろうとしたのは、JALカードnavi(MUFG発行)です。
JALを使うので、マイルなど効率的に貯めるために作成しようと思っていました。
補足携帯電話代の滞納はないので、与信枠ということでしょうか。
学生は30万円ということを聞いたのですが、これは明確な基準としてあるのでしょうか? それとも凡その値?現在、楽天KCで10万円、ビックカメラSuicaで20万円ですが、後者は20万円も要りません。
仮に総額30万円だとしたら、ビックカメラSuicaの枠を頼んで10万にしてもらい、JALカードで10万などといったこともできるのでしょうか?

一枚目にMUFJ学生カードを申請していれば審査に通ったと思いますが、既に一般カードを二枚お持ちということで与信オーバーですね。
ビックカメラの限度額を下げてもMUFJは無理でしょう。
就職するまで機械審査ではじかれます。
りそな銀行のVISAデビットカードでJALマイルを貯めて下さい。

携帯代の遅滞か与信枠オーバーですね。
改正割賦販売法はご存知ですか?
法で定められた計算式で計算した支払可能能力を超える与信を与えることは法律で禁止されました。
おそらくカードを二枚持っていることで与信枠が埋まっていると考えられます。
追記
学生っていうよりも年収が問題です。
ビッグカメラSuicaを10万円にしてかつ楽天カードも含めてキャッシング枠があるならば外して下さい。
その上でJMBイオンカードに申し込んでみたらどうでしょうか?
JALのマイレージもたまりますし、流通系のイオンカードなら銀行系に比べて審査は優しいです。
でも、どうしてもMUFGカードが欲しいならば枠減らし&キャッシング枠無くしの上、三菱東京UFJ銀行に出来るだけ預金をして(個人情報の利用同意書に預金残高を審査で見ると書いてあります)半年後に銀行の支店で入会申し込みをしてみて下さい。>

金融関係に詳しい方、またはそれ専門の方ならなお助かります。

金融関係に詳しい方、またはそれ専門の方ならなお助かります。
先日りそな銀行の一般消費目的のプライベートローンに三十万円程の借入れを申し込み、審査を受けましたが、通りませんでした。
その後二、三ヶ月後に今度はバイクの購入の為、現金で十万円を支払い、十三万円のローンを申し込みましたが、審査を通らず、仕方なく親に立て替えてもらいました。
正直たったの十三万円程の借入れも受け入れて貰えず、ショックを受けています。
以前先程申し上げたプライベートローンに出産費用捻出の為五十万円の審査を試みて成功しているので、不思議でなりません。
いくつか思いあたる節と、自分の現在の経済状態を説明致します。
まず国民年金は払っていません。
これは以前五十万円の借入れ成功の際と変わりません。
地方税の支払いが支払い期限を超えることがしばしば。
しかし完納しております。
これも以前と変わりません。
去年のカードショッピング利用で口座残高不足の為、二度程不渡りを出しています。
その後自宅に通知が届き、速やかに支払いを終えました。
これは以前とは違います。
尚住宅ローンも有り、月に九万円程継続して払っていますが、これに関しての不渡りは一切有りません。
そして以前の五十万円の借入れ成功の四年程前から、この住宅ローンの支払いは始まっています。
因みに最近、新規で通常のショッピングカードの申し込みも試みましたが、やはりご破算と成りました。
しかしその後私が以前より使っている不渡りを出したこともあるカードの利用期限が過ぎる際には、新たなカードが送られてきて、更に利用期限が以前より伸びていました。
最後に私の年収は、360万円程です。
以上が私の経済状態等になりますが、やはりカード利用の支払い遅れが、一番の原因なのでしょうか?また、自動車ローンや一般消費目的ローンの審査の際、どの辺りが重要視されるのかも教えていただけるとありがたいです。
最後まで長々と文章力の無い質問を、お読みいただきどうもありがとうございました。

>やはりカード利用の支払い遅れが、一番の原因なのでしょうか?それは信用情報機関のCICで情報開示してみないと分りませんが、所帯持ち360万の年収で住宅ローンがあり、前回の50万円の借入れが残っている状態であれば、りそなの保証会社がこれ以上の与信枠を認めなかったということです。
カード、割賦ローンの否決もそのあたりの微妙な経済状況が「お見送り」の原因ではないでしょうか?仮にカード支払が遅れた事実が信用情報の記録に付けられていた場合、生活がギリギリなことが見て取れるでしょうからそれがさらに追い討ちをかけることになります。
遅延記録の有無は信用情報機関のCICで情報開示してみれば分ります。
税金や年金はお察しの通り全く関係ありません。

支払いの遅れについてはすでに回答がありますので、
もう一点考えられるのは「度々借入を申し込んでいる」点です。
ローンやクレジットの申し込みを受け審査をする場合、
個人信用情報機関に照会をするのはご存知かと思いますが、
この「照会をした」履歴も一定期間残ります。
すると短期間に何度も申し込みがあった場合、
「この人は家計の資金繰りに困って借り入れが必要なのでは?」
との印象を受けるため、審査上マイナスになることがあります。
ローン審査の重要な点については、収入、勤務先、借入額、
他の借り入れ等さまざまな要素を勘案しての総合判断となるため
一概には言えません。
大原則としては
「安定した収入が見込まれ、今後の返済に懸念がない」ことです。>金融機関勤務ですが、去年のカードショッピング利用で口座残高不足で
あったことが要因でしょう。
簡単にいうと、
銀行ローンは、どこもクレジット会社等の保証会社の保証が前提です。
なので、クレジット会社の返済が滞ると、その情報が暫くは残り、銀行の
ローンの保証依頼を受けたクレジット会社は「この人は以前返済が遅れたので、当面は保証しない・・・・」という事だと思います
ただ、クレジット会社でも温度差はありますし、A社がだめでもB社はOK
という場合もあります。
いつまで情報が残るか・・・・ですが、いずれ消えると思います
今は我慢して、今の返済を遅れないように続けて下さい>

はじめまして。
金融関係に疎く皆様のご意見伺いたく投稿させていただきました。

はじめまして。
金融関係に疎く皆様のご意見伺いたく投稿させていただきました。
この度りそな銀行の自分計画ローンを利用しようと思ったのですが、最近ライフカードの支払いを約2年近く未払い(5000円弱)だった事に気付き色々調べたら借りれないような気がしています。
50万位借りようと思っていますがりそなのサービスは受けられないでしょうか?また他のところでも借り入れは出来ないでしょうか?因みにライフは数日のうちに返済をしようと思っており、また私は今年新社会人となり、年収は500万弱程度の予定です。
他には延滞など金融トラブルはありません。
またりそなは2年お世話になっており、月10万強振込み、引き出しがありました。
言葉たらずで申し訳ありませんがよろしければ回答よろしくお願いします。

申し込まないと分かりません。
申し込んでしてください。

マイナンバー制度が税金を公平に徴収したり脱税を防いだりする目的ではなく、説明...

マイナンバー制度が税金を公平に徴収したり脱税を防いだりする目的ではなく、説明がつかないので預金封鎖対策をしなければならないそうです同じことを書き続ける人(マイナンバー制度は税と社会保障の公平公正のために導入された)は財務省の紐付き犬で国民の私財を狙っているのですか?detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1015463168...

2016/12/28 12:24:24

3年前に民事再生をしました。
来月海外旅行へ行く事になっております。
海外ではク...

3年前に民事再生をしました。
来月海外旅行へ行く事になっております。
海外ではクレジットカードは必須とJTBの方に言われカードの申しこみを勧められましたが・・・作れますでしょうか?3年前に多重債務で民事再生をしました。
こんな私でも今年結婚でき、来月海外旅行へ行く事になっております。
海外では多額の現金の持ち歩きは危険とJTBの方に言われ、クレジットカードの申しこみを勧められました・・・が、当然私はブラックですので申しこみをしても断られるのは100%だと思います。
こんな私でも私名義のクレジットカードを作る方法はあるでしょうか?去年、りそな銀行のATMで「カードローンの契約」の画面に出ましたので、どうせ審査で断られると思いとりあえず画面の表示に沿って手続きすると、50万のカードローンの契約が出来ました・・・何故なのでしょうか?その後、りそなのクレジットカードは案の定審査でダメでしたが・・・何故カードローンの契約が出来たのか今でも不思議です。
皆様のお知恵、知識をお教えいただければ嬉しく思います。
よろしくお願いいたします。
当時は消費者金融4社(アコム、アイフル、プロミス、スタッフィ)とカード会社4社(イオンVISA、UFJJCB、ニコスVISA、オリコマスター)の返済に毎月追われ自転車操業を繰り返してました・・・今はもう後悔の連続でカードも作れないなんて非常に自分が情けなくなってきます・・・ ※補足※私は、28歳の公務員。
年収は約430万円、勤続6年5ヵ月、私の親と公営住宅に同居しております。
貯金は100万ほど貯めました。
妻は23歳で同じ公務員。
年収は約350万円、勤続3年5ヵ月、貯金は約200万ほどもっております。

カードローンはもちろんキャンセルされているんですよね?それともラストまでいって契約終了したんでしょうか?カードローン…もしかして貯金している銀行ですか?それで貯金を担保に借りれる金額とかないでしょうか?通常、民事再生後、すべて終了してから(すべて終了してというのがポイント。
)7年ほどはあなたの情報は情報機関に残っています。
残念ながらカードはまだ無理かと思います。
奥様名義のカードでお買い物をするかトラベラーズチェックを使っての方がよろしいかと思います。

7年カードは作れません。>民事再生して3年で海外旅行ですか。
カード会社の人たちが知ったら激怒するだろうね。>信用機関の保管期間が過ぎても、書かれている消費者金融とカード会社の社内資料は残っているので、関連会社を含めて無理です。奥様には話をされていますか?今後、車や住宅ローン等は、あなた名義では厳しいでしょう。奥様が働いているうちに、奥様名義のカードを作成してください。その家族カードであれば、奥様だけの審査で発行される可能性はあります。また現金のみで決済し、特定銀行に集中して貯金し、ある程度の金額が貯まった時点で、その銀行でカード発行をお願いしてみて下さい。今回の海外旅行は、奥様のカードで。>8年くらいは記録が残ります。
結婚して別の戸籍を姓を変えて作れば、記録で追いかけられませんが、勧められません。
現金が恐いなら、トラベラーズチェックにすれば良いです。サインをせず金額を書かなければ、それなりに安全です。>

よくカードを作るとcic等の情報機関に登録されますが、はじめて開示をしたら住宅ロ...

よくカードを作るとcic等の情報機関に登録されますが、はじめて開示をしたら住宅ローンの契約情報等はcicにのっていませんでした。
申込情報は記録されてました。
話を聞くと消費者金融等はcicに残高などが記載されますが、今回りそなクレジットカードのキャッシング付きを作るとなると銀行系であっても申込情報以外の契約情報の登録はcicに登録されるのですか?それとも全銀連やjiccなんですか?詳しい方教えてください!

CICは割賦販売法・貸金業法の指定個人信用情報会社でして、「住宅ローンを行った会社」がCICの会員でなければ、照会も記録もできませんから当然載りません。
どこの個人信用情報会社を使っているかは、あなたが契約した会社に聞くか、契約概要の書類を見れば載っているでしょう。
hanahanahihi0603さん

あともう一つ。CICの本人開示は電話番号が違うと開示対象になりません。
>

教えて下さい。

教えて下さい。
私は3~4年前に債務整理をして現在は支払いは一切ありません。
その際にカードローンは5~7年は出来ないと言われました。
質問は新規でJCBや三井住友VISAみたいなカードを造りたいのですが、審査は大丈夫でしょうか?ちなみにカードでの買い物とかローンとかするつもりは無いので作成するに至り貸し入れは0円で申し込みます。
お願いします教えて下さい。

ほとんどのクレジットカード、ショッピングローンなど無理でしょうね。
債務整理した際に「カードローンは5~7年は出来ない」と言われたのは個人信用情報機関(CIC、JICCなど)に債務整理した情報が完済の日から5年~7年間(最長は10年)は記録されていますので、キャッシングを0円で申込みをしても審査時は必ず個人信用情報機関に照会されますのでカード発行は無理だと思います。
特に希望されているJCB、三井住友カードなどは絶対と言っていいほど審査は否決されると思います。
暫くは楽天、りそな、スルガの各銀行が発行しているVISAデビットカードを作ってみてはいかがでしょうか。

カードによっては5年以内でも
作れてしまう場合もあるみたいです。
三井住友VISA は審査が厳しいようなので
無理かもしれませんが、審査が
緩いといわれているファミマTカードあたりを申し込んでみてはどうでしょうか?
キャッシング枠を0で申し込むのは
可能ですが、ショッピング枠を0
にするのは不可能です。>債務整理で完済後5年、信用情報機関にブラック情報が登録されますので、基本、新しいカードは作れません。
即時決済型(口座残高迄使用可能)のVISAデビットカードなら審査なしでカードが作れます。>>カードでの買い物とかローンとかするつもりは無い
カードで買い物する気がないなら、クレジットカードを作る必要ないでしょうし、買い物でも後払いである以上「信用」が問われます。
なんで、債務整理したデータが残っていれば、当然審査に大きく影響するでしょう。>

預金封鎖の対策を真摯に教えてください

預金封鎖の対策を真摯に教えてください

最初に言っておくと預金封鎖と財産税は違います。
財産税は日本国憲法で定められている通り国会審議を通して法案可決しないといけませんが預金封鎖は法改正により首相官邸内で短期間で決定可能です(これは小泉内閣時代に金融危機の名目で金融機関の生殺与奪をする決定権を金融再生委員会から首相に権限移譲する法改正がされたためです。
勿論これは預金封鎖の布石と言うはずもなく個別の金融機関の破綻処理のためとされてこの後りそなや足銀で破たん処理に個別に適用されています)。
国会議事堂は一切関与しません。
即日しかも1時間も経たないで決まります。
上記2つの銀行の場合それぞれの取締役会で自主再建を断念したと金融庁に報告を上げてから首相の最終処理まで新聞は情報を追えずに一切記事にできませんでした。
従って事前洩れて取り付け騒ぎなどなく極めて秘匿性の高いものです。
終戦直後の預金封鎖では第一封鎖預金と第二封鎖預金に分けられて 第一封鎖預金は月に一定額の払い出しが認められ他は切り捨てられました。
これは必要最低限の生活費や企業の決済は認めないと経済活動が完全に停止するからです。
たとえば2002年に創設された新型決済性預金もその布石だと言われていますね。
ですのでこの預金封鎖をモデルにするならご質問ようなこともありえます。
不動産以外にも様々な資産が危ないと考えた方が良いです。
証券や銀行などの口座(将来マイナンバーで捕捉予定の資産)、あるいは不動産登記など 国が情報管理できるものは安心できるものはないと考えています。
勿論日本円も安心とは考えていません。
不換紙幣は本来ただの紙切れであり国が価値を認めて維持しているものなので、各種法令や日銀の金融政策でいくらでも価値を落とせるからです。
大蔵省時代から預金封鎖の意思をはっきり法整備を進めています。
この上でマイナンバーは日本国民の個人資産を確定する上で重要とみなされています。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1215576366...その上での話ですが・日本円が安心できな理由預金封鎖なんてされてしまえば勿論ですが、それなくても資産価値を落とされる可能性が大です。
2000年に経団連が財務省と検討した内容を経団連が勝手に暴露してしまったことはあります。
(これは歳出構造を見直さないシナリオですが)・消費税率は段階的増税で 25.5%・基礎年金給付は賃金スライド実施。
報酬比例部分の給付水準は既定路線を維持(5%抑制)・基礎年金国庫負担割合は2分の1に引き上げ・厚生年金保険料率は段階的に34.5%にまで引き上げ・一人当たりの医療費は毎年前年比4%ずつ増額していく・高齢者医療費は自己負担2割・医療保険負担は現行制度を前提とした負担増の1.4倍・その他所得税増税などで国民負担率を72%~80%超にまで引き上げる。
ちなみに、歳出構造を見直し 特殊法人などを徹底的に整理した場合は国民負担率は47~48%で済ませられる試算も出しています。
現在が約4割ですのでほとんど増えないことになります。
普通に考えればこんなことをすれば財布の紐は固くなり消費が冷え込んで当然。
しかしこの国民負担増のシナリオでは名目経済成長率を+3.5%と設定していることです。
名目経済成長率がこんな高いのは金融緩和などをして円資産の価値を落とす前提であるを意味しています。
安倍政権は日銀総裁に大蔵省主税局出身の人物を送り込んで金融緩和をして「この道しかない」と主張しているのです。
つまり紙幣を刷って市場に流すことで強制インフレをすれば見かけの税収減は増やすことができ、それを景気回復と称して更に増税の口実を作る。
結果円安は進み物価は高騰し国民の資産価値は目減りしさらに増税で預金を持っている限り富裕層でも貧困層に叩き落される可能性が高まっているのです。
今の金融緩和も似たようなシナリオで動いているにすぎません。
・株が安心と考えていない理由1997年~2004年までの間の大蔵省(省庁再編後は財務省)が目論んでいた金融資産の税制まず株から手を付けてそこから納税者番号制を導入すると言う道筋をつけており自治省(省庁再編後は総務省)まで手を貸しているからです。
預金封鎖の検討を始めたと言われる1997年の段階では実のところ個人資産を把握するための番号制の導入の理由(口実)はほとんどありません。
【理由1】かってグリーンカード導入の理由となっていたマル優制度は消滅させることが決まってこれを口実にすることができない。
【理由2】預金の利子所得は源泉分離課税であるためもし仮名口座であっても脱税のやりようがない。
また証券税制も当時は売却代金の1.05%に課税する源泉分離課税が存在したため同様に脱税のやりようがない。
だから脱税を理由に番号制を導入することができない。
【理由3】源泉分離課税は銀行や証券会社が代行納税する制度であるため国税当局の負担にはならない。
なので事務負担軽減理由に番号制を導入することもできない。
そこで当時の大蔵省はこのようなシナリオを考えました。
「理由2と理由3をなくしてしまおう。
つまり脱税しやすい税制を創設し、税務署の負担を激増させる制度に一度改悪する必要がある。
そのために証券税制の源泉分離課税だけを廃止して預金資産との間の不公平感を煽り、預金の利子所得も公平を期すためと称して源泉分離課税を廃止し、完全に源泉分離課税を潰したうえで 金融資産だけの納税者番号制を導入しよう」そのために出てきたのが証券税制を2000年4月から源泉分離課税を廃止して申告分離課税にすると言う話になります。
預金の利子所得の源泉分離課税は据え置きです。
これは証券業界や個人投資家が大騒ぎするほどの不公平税制で、預金の利子所得は青天井でも配偶者控除など各種控除が認められるのに対して、 株はリスクマネーであるのに増税の上に、預金利子にはない地方税6%の上乗せ、さらに控除も一切認めない。
損失繰り越しも一切認めず、他所得との損益通算も一切認めず、さらに健康保険料も増額と言う物凄い内容でした。
反発が凄かったので紆余曲折を経て増税内容を緩和して2002年1月から新税制が始まりますが一応従来の源泉分離課税を潰すことには成功します。
そして不公平税制を実現した後で2004年に金融資産所得一元化税制とかいう 勤労所得などを除いた 株や預金などの金融資産に関する所得を総合課税化して この金融資産だけに納税者番号制度を導入すると言う案を持ち込んできたのです。
www.jri.co.jp/page.jsp?id=13599所得の捕捉をせずに 今まで脱税のやりようが
なかった資産の捕捉をすると言う目的は言うまでもないことです。
2001年11月22日の参議院総務委員会議事録によれば、民主党の松岡満壽男の質問に対して総務大臣の片山虎之助が【理由2】にあたる源泉分離課税廃止の法案可決に尽力したと答弁しています。
つまり、税収とは関係のない総務省がこの税制実現に既に動いていたということです。
何をやりたいかというと、株式も含めた金融資産全て番号制で把握する計画が以前から進行していたことを意味します。
つまり、(今は決まっていませんが)株はマイナンバー制の捕捉対象に入ることはほぼ確実と見るべきです。
・不動産が安心と考えていない理由預金封鎖が行われると国民の資産が失われ購買力が低下するため不動産需給が好転するとは思えずこのこと自体問題ですがもっと懸念すべきことがあります実は2004年の納税者番号制が提言されたのと同じ年に不動産の税制もいじられています。
それまでは、不動産譲渡損を他所得と相殺する事が認められていましたが、これが廃止されます。
この成立過程が非常に不可解です。
自民党税制改正大綱に盛り込まれたのが2003年12月27日、国会で可決したのが2004年3月26日であるのに2004年1月からの取引が対象となります。
おかしことに気が付きますか?通常は住宅ローン減税のように法案が可決しても施行まで猶予期間があるのが普通です。
過去に遡及するのはおそらく前例がないと思います。
金融資産同様、不動産も労働による所得と分離しています。
財務省にとって「ごちゃまぜに合算されては困る」事情があるようです。
実際、国民の資産の何割かカットする事態に発展した場合、家だけあって預金がない人は家を放り出されることになりかねないので、不動産は安全である可能性もありますが、資産と労働や事業の所得を分離する方向で事を運んできた財務省ははっきりと不動産も資産家扱いしているのが不気味です。
以上を纏めると・円建て資産は持たない・マイナンバーで将来捕捉されうる資産は持たない・外貨か貴金属などを手元に置きかつゲートキーパー法の適用対象外の200万円未満の分割購入が考えられる対抗策だと思います。
あわせて、保有する実物動産(不動産ではない)は表向き紛失や盗難などを装っておけば保険にもなりえます。
※ただし、貸金庫はNGです。
犯罪収益移転防止法で契約も本人確認で捕捉されます。

都市銀行5社、フラット35の仮審査落ちたのですが、ネット系でも駄目ですか?

都市銀行5社、フラット35の仮審査落ちたのですが、ネット系でも駄目ですか?来年消費税が上がることと、旦那の転勤が決まった為どうせならと戸建購入を考えております。
不動産屋を通してローンの仮審査をしてもらったのですが、都市銀行(みずほ、りそな等5社)とフラット35の審査が通りませんでした。
原因は旦那が4年前にカードを滞納していた事だと思われます。
最近通知が来て発覚し、即時に完済しました。
借入希望額 3180万頭金 1250万勤務年数 4年借入額を下げようとも思っています。
唯一審査が通ったのは金利が3.9%と高金利でした。
なので、ネット系会社(イオン銀行)も申し込んでみようかと思っていますが、結局都市銀行と同じ事でしょうか?住宅ローンについて初心者なのでアドバイスをお願いします。
補足年収の記入をしていませんでした。
年収390万です。

銀行員的な目線で感じたことを回答させていただきます。
今回の謝絶原因は①明らかに借入額が過大年収390万円で3180万円の借入は明らかに過大。
あくまでも経験上ですが、問題なく返済できるであろう借入額の上限は2000万円前後です。
②カードの滞納通知が来ている(しかも4年前となるとすでに代位弁済されていたのでは?)ということは個人信用情報に事故登録があるはず。
が考えられます。
イオン銀行さん(イオンはネット系ではありません。
流通系の金融機関です)や、ほかのネット系(ソニー銀行、住信SBIネット銀行)などにしても、無理でしょう。
上記の②が主たる原因でしょうから、金額を下げても無理だと思います。
住宅ローンについて初心者・・・。
これは逃げ言葉です。
住宅ローンって、一般の方が一生で行う最大の借入。
普通の方は本を買ったりして勉強するものです。
貴方の場合は、「初心者」なのでなくて「無知」です。
貴方の質問内容をみると、十分に検討したとは思えないんですよ。
銀行の審査では、そういう計画性についても見ていますよ。

年収390万で3180万の借入は他の条件がよくてもかなり厳しいですよ。
というか、それ以外に頭金1250万って、いったいいくらの家を購入予定で?
ちょっと年収に比べて高すぎると思いますが。>信用情報機関を開示しましたか?
開示すればブラックかどうかわかります
ブラックなら、すべてアウトです。
唯一審査が通ったのは金利が3.9%と高金利でした。
奇跡ですよ。>フラット35はどの銀行で申し込んでも審査基準は同じのはず
なので銀行を変えても無駄でしょう
この手の質問をする時はせめて年収くらい書きましょう
年収390万円で3180万円の借入?????????????
無謀以外の何物でもありません…
身の程知らずですね>

国賊にだまされて預金封鎖の警戒を怠るべからず

国賊にだまされて預金封鎖の警戒を怠るべからず マイナンバー制度を使って預金封鎖をしたい人たちが預金封鎖の大願成就までその真実を知らせまいと平成9年から大蔵省で 国民総背番号制による預金封鎖の計画が 週刊東洋経済や日経新聞で記事になった事実を隠し マイナンバーと預金封鎖が無関係だのデマを流しました相続税や固定資産税などが合憲である事実をスルーして預金封鎖が財産権の侵害で憲法違反であるというデマを流しました マイナンバー制度が始まる前から様々な法律でとっくに銀行口座の匿名性などないのに今の銀行口座に匿名性があるから マイナンバー制度が脱税防止と関係があるようなデマを流しました このような悪質なデマを流している人間は財務省の預金封鎖に協力的だから マイナンバー制度を継続させたい国賊であると考えるべきですね? 余談ですが で前述のデマを流している人間は その大半が利権などを批判せず消費税など増税に賛成であったり国民の貯蓄が社会悪であるかのような書き込みをしていることを確認しており国民虐待官僚の味方であることは 間違いありません

2016/11/6 07:03:54

-りそな銀行カードローン

© 2021 お金で買える幸せは全部買え