イオン銀行カードローン

貸金業法の総量規制と銀行系のカードローンについて 総量規制とは、 ...イオン銀行カードローン

1日(日)にネットでイオンのカードローンBIGをダメもとで申し込みました。
そして...

1日(日)にネットでイオンのカードローンBIGをダメもとで申し込みました。
そして昨日まで電話連絡が来ず、そして今日、イオン銀行から封筒が届きました。
厚みが無かったので「あぁ、審査落ちたな」と思いつつ中身を見たらびっくり。
何も入っていませんでした。
こんなことって、今の世の中でもあるんですね~大企業としてどうなのでしょうか?

イオン銀行に電話してください。
大き目の封筒なら仮審査通過の正式な申し込み用紙です。
普通サイズなら「このたびは~ご希望に添えず~」の通知が入ってたはずです。
イオン銀行カードローンは属性によっては、本人は電話に出なくても直接会社に在籍確認だけとればOKとします。

そんなミスがあったのですか。そんないい加減な会社から
お金を借りるなんてやめておいたほうが良いですね。>

イオンWAON一体型クレジットカードについて。

イオンWAON一体型クレジットカードについて。
先週イオンカードを申し込んで審査可決しました。
まだカードは手元に来ていません。
申し込み記入欄にキャッシング枠を記入する欄が無かったのですが、私は消費者金融に250万円、銀行のローンが100万円あります。
年収は約930万円です。
これで先週申し込んだイオンWAON一体型クレジットカード、キャッシング枠付くと思いますか?キャッシング枠つけたくないのですが。
クレジットカード初心者で良く分からず。
宜しくお願いします。

残念ながら、C枠付けてくる可能性が高いです。
先月イオンSuicaを申し込んだ時は、他社含めて年収超えの枠があるのに、更に付けて来ましたから。
イオンは無収入でない限りC枠は付けて来るようで、一昨年のセレクトにも付いていました。

エッ!そうなんですか?WAON一体型でもですか?最近、必要があったので三井住友銀行で借入したのですが、その際に『他社でキャッシングがついた場合、お取引を中心する場合がございます。』と言われました。イオンでキャッシング付くの迷惑なのですが、申し込みキャンセルとかできるのでしょうか?すみません。>イオンWAON一体型JCBを作り
キュッシング枠30ありました。
発行後にキュッシング枠0を希望と言えば0になると思います。>要らなければ、イオンのサイトにログインして、キャッシング枠を0に変更すれば良いと思います。私も不要だったので、変更手続きをしました。>

イオン銀行について

イオン銀行について本日、ミニストップのイオン銀行で、地方銀行のカードでお金を引き出しました。
帰宅後、インターネットバンキングで確認したところ、お金の引き出しについて反映されてませんでした。
日曜日だと反映はされないんでしょうか?

現金の引き出しがその場で残高に反映されていなかったら引き出しはできません。
どこの地方銀行かわかりませんが、可能性としてはネットバンキングでの取引確認の反映が遅れている・休日は反映されない等なのか、たまにあるのが地方銀行のカードを利用したつもりが、実は違う銀行等のカードを入れていたとか、引き出しのつもりが一体型カードでクレジットやローン側を挿入して借入していたとか。
引き出しの明細があればご確認下さい。

イオン銀行で、カードローンをしたら、カードローンと書かれているカードと、バン...

イオン銀行で、カードローンをしたら、カードローンと書かれているカードと、バンクカードと書かれているカードが届きました。
それぞれに、口座番号があります。
月々の引き落としの返済するときは、どちらのカードにお金を入れれば返済できますか?任意に返済する場合は、カードローンのカードと言う事は、わかるのですが。
返済用普通預金口座から、引き落とすとなっているのですが、どちらのカードの事ですか?すみません、よろしくお願いいたします。

カードローンカード(ピンクと茶色)はカードローン専用のカードです。
カードローンを使った場合、月々の返済はイオンカード普通預金口座(多分JCBかVISAかマスターガードのクレジットのいずれかが付いていて、例の白い犬も付いている)の紺色の方のカードの方に入金していると引き落とされます。
ただカードローンを月々の返済とは別に全部、又は一部を任意で返済(例えば10万借りて今5万あるからとりあえず5万返しておこうとする場合)する時はカードローンカードで任意返済します。
ただその場合、残り5万残っている訳ですから、月々の返済は残高に応じた割合でイオンカードの方から引き落とされます。
カードローンカードとは別にイオンカードにもクレジットキャッシングが付いているはずですが、こっちのはクレジット会社のキャッシングですのでカードローン(イオン銀行)とは別物と認識してください。
(紺色のカードはクレジットカードですから、買い物やキャッシングを使ってそのクレジットを使った分をイオン銀行から引き落とすという事です)

イオン銀行カードBIGローンについて。

イオン銀行カードBIGローンについて。
3月4日にパソコンから申し込みました。
10日に仮審査通過連絡が来ました。
即日回答じゃなかった為、落ちたと思っていたので9日に引っ越しをしました仮審査連絡の時に住所変更を伝えたら一旦取り下げるからまた申請してください。
と言われ審査結果は明日に…と言われ10日の午前中にスマホから申し込みましたが連絡無いです。
引っ越す前は一人暮らしで、マンション4年間住んでおり家賃5万です。
引っ越し後は実家のマンションに住んでおり、住所変更して1ヶ月も満たないですが家賃0円です。
父1人と私で暮らしています。
居住年数以外、職場も何も変わっていません。
引っ越したばかりなので…やはり審査に落ちる可能性が高いでしょうか???

借り入れ金額と年収の説明、現在の他の借入の有無の説明が有りませんので、それはイオンの担当者しか知り得ない事です。
一般的には他の債務が無ければ、借り入れ金額と年収のバランスを考慮されます。

引っ越す前は仮審査通ったので、特に説明するまでもないと思い記載してません。
聞きたいのは、居住年数が変わった事で審査が落ちるかを聞きたいです。>

イオン銀行カードローン審査 在席確認はどのstepですか?教えてください。
よろしく...

イオン銀行カードローン審査 在席確認はどのstepですか?教えてください。
よろしくお願いします。
本人確認だけとの書込みもありました。
体験談教えて下さい。

元融資担当です。
おそらくイオンさんもそうだと思われますが、審査の取っ掛かりですね。
第一段階といえます。
まず、在籍確認して確認がとれたら本審査開始といった感じです。

イオン銀行で住宅ローンをくんだら、毎日5%オフとききました。

イオン銀行で住宅ローンをくんだら、毎日5%オフとききました。
20日、30日にいくとカードを出せば、5%オフですよね?そしたら、住宅ローンをくんだら、20日.30日は10%オフなんですか?

10%オフにはなりません。
5%オフからさらに5%オフになります。
1000円の5%オフは950円。
950円の5%オフは902.5円と言った感じです。
それから、5年間だけ5%オフです。

ダブルで20.30が10%オフかってことですか?
なりませよ。
大体、あなたがイオン銀行で住宅ローンがあるかって
レジの人はチェックできないです。
カードにその借入を登録しとかないと出来ないし
途中でローン完済したりとか考えると無理でしょ。>なりません。そもそも最初の5年間だけですよ。買い物金額の上限もあるし、20日30日をうまく使えばわざわざイオン銀行で住宅ローン借りるメリットはないと思うが。>

貸金業法の総量規制と銀行系のカードローンについて

貸金業法の総量規制と銀行系のカードローンについて総量規制とは、クレジットカードと消費者金融の貸付高が、年収の1/3以上を超える場合は所得を証明する書類の提出が必要とあります。
これって、どうして銀行系のカードローンには適用されないんでしょうか?イオン銀行のカードローンなど・・・。
てことは、銀行系のカードローンだと、収入を証明する書類を提出せずに、いったいどれだけ借りることができるんでしょうか?どういうシステムになっているのか、興味がそそられてなりません。

貴方の質問文面にもあるように、「貸金業法」での総量規制ですから銀行(系)のカードローン等は「無関係」です。
リボ払い等の関連回答がありますが、それは質問者(貴方)の質問への適切な回答ではありません。
銀行は「銀行業法」で貸し付けしているので、消費者金融等が対象になる(改正)貸金業法は対象外で関係ありません。
1番わかりやすい例として、貴方も知っていると思いますが「レイク」は消費者金融で貸金業法で貸し付け業務を「していました」が業界の「掟破り」を実施して、現在は新生フィナンシャルとして貸し付けしており(レイクという呼称は現在も使っている)「銀行業法」での貸し付けなので、レイク=新生フィナンシャルは現在総量規制対象外での営業を展開しています。

質問者様の指摘通り、そこが今回の総量規制において皆さんが勘違いしているところでもあるんですが。
総量規制の対象になっているのは貸金業法で管轄されている貸金業です。
ではクレカと消費者金融と銀行系カードローンのどこにどんな違いがあるのか?ですが…答えは至ってシンプルです。
利用用途によって適用される法令が変わるからです。
いわゆるキャッシングは規制対象ですが、リボ払いなどのショッピング枠購入は規制対象外です。
なぜかというと、キャッシングはクレジットカード会社が直接顧客に金銭を貸し付けているので総量規制の関連法令でもある、『貸金業法』が適用されるからです。
ローン購入やリボ払い購入は分割や一括で商品を購入する資金をクレカ会社が肩代わりし、それを分割や一括で返済するという仕組みなので総量規制対象外の法令である割賦販売法が適用されるのです。
ほんと~~~~~~に些細な違いなんですが、お客に直接金を貸して渡しているか、そうでないかの差というわけです。
つまりこういった適用法令の違いで収入証明の提出の必要性の有無が変わってくるのです。
ちなみに総量規制は基本的に貸金業を営んでいる事業者からの借入れに対して行われているものではありますが、銀行などの貸金業は貸付けなので規制対象外になっています、銀行系カードローンも対象外です。
なぜかというと、借入というのは、目的が多様にあり、しかもいつでも可能であれば追加融資が受けれるというものなので多重債務者を増やしてしまう原因となっています。
しかし銀行の行う貸付というのは、目的がはっきりしており『車のローン』『マイホームローン』『債務一本化』などいろいろありますが、いずれにしても原則追加融資は受けれません。なので規制対象外なのです。
『自宅を1000万で買う為の資金を貸付したのに、なんで追加で500万が必要なんですか?何に使うつもりですか?』って言われてしまいますからね。>

-イオン銀行カードローン

© 2020 お金で買える幸せは全部買え