横浜銀行ローン

土地付き太陽光の購入を考えています。 そこで、土地代もローンを組む...横浜銀行 ローン

本審査待ちで住宅ローンをフラット35にしたいと伝えた所、適合証明書を取るのに時...

本審査待ちで住宅ローンをフラット35にしたいと伝えた所、適合証明書を取るのに時間掛かって間に合わないから銀行の変動か固定を選ぶしかないと不動産屋に言われたのですが間に合わないとはどういった意味ですか?主人から仕事の合間にメールで連絡がきたので詳しい事は分かりませんが不安なのでご意見を頂こうと思い質問しました。
買主がフラットを希望しているのに駄目な場合ってあるのですか? ちなみ横浜銀行です。

不動産業者です。
考えられるのはローン特約の期日です。
ローン特約は契約書に記載されたローンに適用されますが、買主が勝手にそれ以外のローンに変えた場合、その結果間に合わなければローン特約の適用はなくなり、最悪現金での購入しなければならなくなるかも知れません。
買主だからといって、なんでも通るとは限りませんよ。

更に質問よろしいでしょうか。ローン特約は審査がおりない、借入額が足りないなどであれば契約解除して手付金が戻ってくるようですが、ローン特約の期間内にローンの条件が合意せずに契約を解消した場合は手付金は戻らず破棄とゆう形で契約解除になるのでしょうか?>第二候補のローンを通しておけばいいんじゃないですか?
別に本審査通ったからって絶対借りる理由もないですし。
最悪そこで借りればいいんじゃないですか。
フラットが駄目ならそこで借りればいいと思いますよ。
フラット対応と不動産屋は言ってたんですよね?
じゃ無理言ってでも用意させましょう。
買って上げるのですから。
高い仲介払ってるんですよね?
強気で言っていいですよ。
金利は一生ついてまわるので後悔の
無いようにして下さいね。>元融資担当です。
買主さんが、フラットを希望しても駄目な場合、、、もちろんあります。
フラットをご利用されるつもりでしたらご存知かと思いますが、フラットの設けた物件基準を満たしてない場合はフラットの利用ができません。
一般的には、建売の場合フラットを希望する場合フラット対象物件というのに絞って物件選びをする必要があります。
今は大体の物件資料にフラット適合か否かという表示があります。
今回は物件の状態がどういうものかわかりませんが、フラットに適合してないということですから、仮に着工前だとした場合、フラットの適合検査を検査機関に依頼し、その結果次第では建物構造などの見直しも必要になってきます。
不動産屋の時間がかかるというのは間違いではありません。
間に合わないというのは、着工予定の事なのか、ローン特約の契約機関の事なのか、わかりませんが、、、
まあ、非常に面倒であることは間違いないですね。>

勤続年数8ヶ月目で住宅ローンの審査が通るでしょうか?

勤続年数8ヶ月目で住宅ローンの審査が通るでしょうか?実は、妻に内緒で消費者金融の借入が約200万円あります。
皆様にお知恵を拝借したいポイントは、2つです。
ポイント1.消費者金融の借入があっても住宅ローンの審査が通るか?ポイント2.勤続年数が短くても住宅ローンの審査が通る銀行はあるか?住宅ローン審査で消費者金融の借入など突っ込まれずにスムーズに住宅ローン審査を通すポイントをお教えください。
私のデータは、年齢39歳、外資系IT企業、見込年収800万円、借入希望額4200万円、頭金1200万円です。

勤続年数が短くても住宅ローン審査がとおる金融機関はありますのでご安心下さい。
住宅ローン審査に強いゼロシステムズの住宅ローン専門担当FP海老原と申します。
私は、常に住宅ローンの研究をしておりまして今まで2000件以上の住宅ローン審査を申込して参りました。
その実績と研究データを元に回答させて頂きます。
ご質問者様の場合、見込み年収ですが、年収800万円との事ですので、総合的に判断して住宅ローン審査が承認される可能性が高いと思われます。
但し、消費者金融(サラ金)での既存借入は、住宅ローン審査では、大きな懸念材料になりますので出来れば全額返済した方が良いです。
一般的な住宅ローン事前審査では、以下の1~7の情報を審査されます。
本審査では、8~9が審査対象になります。
1.年収に対しての返済比率2.物件価格に対しての自己資金比率3.現在の他の借入の状況4.個人信用情報5.勤務形態6.勤続年数7.勤務先の実態と信用8.健康状態(団体信用生命保険)9.物件の担保評価上記の審査で2つ程度、基準から逸脱すると審査で否決されやすい傾向にありますのでご注意下さい。
ご質問者様の場合、6.勤続年数が短い。
3.と4.消費者金融の借入で個人信用情報に少々問題がある。
1.消費者金融の借入で年収に対しての返済比率が圧迫している。
以上の点が住宅ローン審査の承認へのハードルとなります。
そこで、頭金1200万円のうちの200万円で消費者金融の借入を全額返済する。
又は、仲介手数料が無料の不動産会社を選択して諸費用を圧縮してその分を消費者金融の借入返済に回すことにより既存借入を解消できます。
※諸費用280万円→50万円に圧縮するテクニックは以下で解説していますのでご参考にして下さい。
www.bukken-chousa.com/juutakulorn1.html消費者金融の借入を解消する事により上記1.3.4.の問題点が無くなり、ハードルは、6.勤続年数が短いことだけになります。
そこで、勤続年数が短くても住宅ローン審査が通る金融機関をピックアップします。
◆銀行別の最低勤続年数みずほ銀行・・・・・・・・・勤続3ヶ月以上りそな銀行(埼玉りそな銀行)・勤続1年以上中央労働金庫(中央ろうきん)・勤続1年以上横浜銀行・・・・・・・・・・・勤続半年以上イオン銀行・・・・・・・・・・勤続半年以上三井住友銀行・・・・・勤続年数の規定がない新生銀行・・・・・・・勤続年数の規定がない住信SBIネット銀行・勤続年数の規定がないソニー銀行・・・・・・勤続年数の規定がない※勤続年数の規定がない場合は、総合的な判断となりますので一概に審査が通るわけではありませんので注意が必要です。
このように勤続年数が短くても住宅ローン審査対象になる金融機関に融資を申込することにより住宅ローン審査が通り易くなります。
ご参考になりましたでしょうか?

住宅ローンを組む時は、長期に安定して返済が可能かどうかが重視されます。なので、転職頻度の高い外資系、特にIT関係は信用度が低いです(簡単にリストラになるので)。たとえ年収があなたより低くても公務員の方が長期返済可能な確率が高いので信用度が高いです。
勤続年数も少ないです。融資額は源泉徴収表(前年の収入)に対して決まります。前年の収入が低いと融資額が低くなります。
仮審査は単純なききとりですが、本審査時には、ローンの有無、場合によっては親の収入や貯蓄まで聞かれることがあります。
借り入れする銀行に口座をつくる(給料の振込み口座にするようにいわれたり、光熱費等の引き落とし口座にする)ようにいわれます。なぜなら、万が一、支払いが滞りそうな時、給料の差し押さえができるし、経済状況がつかみやすいからです。
他にも色々、私生活に踏み込んで聞かれますし、もし、嘘をついてローン融資が通っても後から隠していたローンが見つかれば、支払いが滞る可能性が出てくるため、一括返済をせまられて(嘘をついていたのだからペナルティーです。信用を裏切ったということになります。嘘をついていたのだから契約はチャラになります。)終了です。銀行はシビアですよ。
消費者ローン等、突っ込まれずに・・という時点でアウトですね。その考え方がそもそも信用に値しません。影でコソコソ隠し事、というのが銀行が一番嫌うことです。>頭金1200万円と言うのはキャッシュで用意可能?だったら消費者金融200万円返せばいいんじゃないの?もしくは頭金1000万円、消費者金融は事前完済を条件に審査してもらえば良いでしょう。消費者金融に借り入れがあるのは明らかにマイナス評価です。勤続年数の問題ですが、勤続1年以上と言うのが原則ですが、そこにこだわる銀行は少ないと思います。勤続年数に縛りをかけるのは、収入に安定性があるか、将来長期間にわたりローンをしっかり支払っていけるかを見るためです。従って、転職間もないとしても、あなたにしっかりしたキャリアがあり、ステージアップのための前向き転職であれば、銀行はこれを考慮してくれるはずです。外資系と言うのが気になりますね。雇用形態に安定性がなければ、そこでマイナスに取られるかも。転職を何度も繰り返しているようだと難しいと思います。あと延滞や事故歴はありませんよね。あったら問題外ですよ。銀行によって審査の姿勢も違います。審査基準におさまらない案件は一切受けようとしないとこもあれば、多少難は有っても前向きに取り上げようとするところもあります。ここでは名前を出しませんが、ネット検索である程度風評を確認できると思います。担保物件の評価額の問題は別として、課題として認識されている部分は、絶対にクリア出来ない問題ではないと思いますよ。>1、通る可能性は低いです。消費者金融で借入している人はそれなりの理由があると判断します。また金額も200万であることから属性としてもかなり悪い評価になります。2、通る可能性は極めて低いです。勤続年数は年収と同じくらい重要な内容です。一般的には最低でも2年以上とか3年以上となります。転職したばかりの人が年収800万の予定ですと申込して来ても前年の年収で審査します。3、消費者金融の借り入れについては、突っ込まれないと思います。審査の段階で照会を取りますので、消費者金融で200万の負債があるという事実を踏まえて審査するだけの話になります。現状では審査は通らないと思います。あと、最低2年くらいは勤めて消費者金融の借り入れを返済しておいた方がいいですよ。>銀行はあくまでも源泉徴収票で判断しますから、昨年度の年収で借入額が決まります。
また、消費者金融の借入額(借り入れ可能枠)があること自体問題とされるため、審査をした時点で返済することが審査条件にされる場合がとても多いです。
ということを踏まえてやられるとよいかと。>サラリーマンの場合は、昨年度の源泉徴収票が必要です。
その証明がなければ、たとえ推定であろうと年収とは、
認めて貰えない。
現状の年収800万円で4200万円の家を購入は出来ます。
毎月10万円前後の支払いにはなりますが可能です。
ただし、借金がない場合の試算ですので、他に借り入れが
あれば、借入上限額も減らされるし、返済額も多くなる。
借入に消費者金融を利用していることが、住宅ローンを
組む上では、悪影響を及ぼしかねない。
頭金が1200万円あるなら、その一部を流用して、完済する
方が良いと思う。それと奥さんには、何もかも正直に
話しておく方が良いでしょうね。
審査に入れば、全部明らかになりますので・・。
夫婦で内緒ごとは、良くないので・・。>

ETCカードを作りたいのですが

ETCカードを作りたいのですがクレジットカードを所持してない為横浜銀行でバンクカードを作ろうと思ってます。普通のバンクカードとバンクカードローンどちらで作れば良いのでしょうか?無知ですみません。よろしくお願いします。

バンクカードを発行してくださいバンクカードローンはローンカードですからクレジット機能がありません「ETCカードも発行できません」

やや特殊なケースの住宅ローン可否についての質問です。
以下の条件で住宅ローンの...

やや特殊なケースの住宅ローン可否についての質問です。
以下の条件で住宅ローンの可否や条件の必要変更箇所の目安等、どのようなご意見でも構いませんのでご教授ください。
m(_ _)m【物件について】物件種類:中古一戸建て物件価格:3500万円場所:横浜市内築年数:15年前後土地面積:65平方メートル間取り:2-3LDK交通:駅徒歩15分程度【ローンについて】自己資金:2500万円諸費用:300万円借入希望金額:1300万円毎月返済額:10万円ボーナス返済額:20万円(もしくは借入期間:10年、ボーナス返済額:200万円)【買主について】性別:男年齢:36歳家族:妻、子供2人職業:国家公務員(研究職)勤続年数:0年(2014/4/1より雇用)通算勤続年数:2年雇用:単年度契約(5年まで更新可)前年度収入:620万円今年度収入:800万円信用情報:問題なしその他借入:なし上記条件(とくに物件について)は概算値です。
個人的には担保価値(主に土地)だけで借入希望金額を上回るはずなので審査すら必要ないと思うのですが、買主が特殊なため皆様のご意見を伺いたい次第です。
補足早速の返答ありがごうざいます。
審査というのは担保価値が足りない場合に買主の返済能力を審査すると思っていたのですが、逆に担保価値が足りている場合は何を審査するんでしょうね?問題のある人を住まわせて競売を妨害する可能性とかでしょうか。

銀行にとって担保価値というのは、あくまで保険のようなものです。
何故かと言えば、仮に返済が滞って物件を競売にかけることになったとして、いかに一等地であっても、果たして本当にその時その価値でもって処分できるかどうかなどその時にならないとわからないからです。
買ってくれる人がいての価値ですから・・・、ですから実を言うと審査に占めるウェイトはあまり大きくありません。
それはそれとして、質問者さんのケースですが「やや特殊なケース」とご自身でも書かれてますが勤務年数のことですか?(ほかに思い当たる点がないのでそうですよね?)住宅ローンに規定化されている勤務年数は、関連会社あるいは出向先との通算、及び、前の業務との関連性のある発展的転職・継続的転職は通算できることとなっています。
話は戻りますが、銀行は担保よりも借り主がちゃんと返済が出来る人か?勤務先がどんなところか?継続して収入が得られる仕事なのか?銀行が聞いてくることもその一点と思いますよ。
質問者様は研究者のご様子ですし、前述のケースではないですか?まして、国家公務員とのことであり全く問題とはならないのではと思います。

確かに担保価値に問題ないとは言っても審査は必要です。
勤続年数と雇用形態がネックになると思います。住宅ローンの基本要件から外れてしまっているので、相談や申込みをする金融機関での個別対応になると思います。
国家公務員で研究職とのことですが、勤務する機関では、雇用形態等で同じ境遇にある方はかなりいるのでしょうか?そうであれば、場合によっては人事担当の側で住宅ローンの相談に乗ってくれるケースもあると思います。
補足について
個人の信用情報や、返済能力→収入と返済負担の割合 を総合的に判断し審査をすることになります。>

地銀って安定している業界ですか?

地銀って安定している業界ですか?地銀ってメガバンクや信用金庫と仕事内容に違いがありますか?第一地銀、第二地銀の違いを教えてください。
-----------------------------青森銀行秋田銀行岩手銀行北日本銀行七十七銀行荘内銀行きらやか銀行仙台銀行大東銀行東邦銀行東北銀行福島銀行北海道銀行北都銀行北洋銀行みちのく銀行山形銀行足利銀行神奈川銀行群馬銀行京葉銀行埼玉りそな銀行常陽銀行千葉銀行千葉興業銀行筑波銀行東和銀行東京都民銀行栃木銀行東日本銀行武蔵野銀行八千代銀行横浜銀行愛知銀行大垣共立銀行岐阜銀行静岡銀行静岡中央銀行清水銀行十六銀行スルガ銀行大光銀行第四銀行中京銀行富山銀行富山第一銀行長野銀行名古屋銀行八十二銀行福井銀行福邦銀行北越銀行北國銀行北陸銀行山梨中央銀行池田泉州銀行関西アーバン銀行紀陽銀行近畿大阪銀行京都銀行滋賀銀行第三銀行大正銀行但馬銀行南都銀行百五銀行三重銀行みなと銀行阿波銀行伊予銀行愛媛銀行香川銀行高知銀行西京銀行山陰合同銀行四国銀行島根銀行中国銀行徳島銀行鳥取銀行トマト銀行百十四銀行広島銀行もみじ銀行山口銀行大分銀行沖縄銀行沖縄海邦銀行鹿児島銀行北九州銀行熊本ファミリー銀行佐賀銀行佐賀共栄銀行十八銀行親和銀行筑邦銀行長崎銀行西日本シティ銀行肥後銀行福岡銀行福岡中央銀行豊和銀行南日本銀行宮崎銀行宮崎太陽銀行琉球銀行

地銀は安定している業界というより安定している財務内容良好な地銀は存在します静岡銀行、千葉銀行、京都銀行などメガバンクや信金との違い融資金額、取引先、営業エリア、海外業務など(信金で融資を受けるには出資が必要(教育ローンは可能))第一地銀という定義はありません第二地銀は、旧・相互銀行で第二地銀協会加盟行ですご参考になれば幸いです

まず銀行と信用金庫の違いは出資者が違うだけで、預金内容はほとんど同じです。
銀行は株式会社、信用金庫は会員組織ですね。
融資要するに、お金を借りる場合は信用金庫ですと、営業エリア内又は会員でいないと一切受けれません。
地銀と第二地銀の違いは第二地銀は回答者さんのおっしゃる通り、旧無尽会社→相互銀行と、八千代銀行みたいに、会員から株主に格上げすることで信用金庫からの転換銀行がそうです。
ちなみに地方銀行(第一)の本店が全く無いのは愛知県だけです。(3つとも第二地銀、旧東海銀行は都市銀行で東京本店の三菱東京UFJ銀行になります。)>地銀と一言でいっても、大きくばらつきがあります。上位行と下位行ではでは規模的に百倍以上違いますから。トップの横浜銀行は、一時期において都市銀行の最下位行よりも大きかった位ですから。
第二地銀は、かつての相互銀行が相互の文字を取り払ったときに、地銀になった銀行のことです。>現状で、銀行そのものが安定していないビジネスのように感じます。
今後の日本の情勢・さまざまな観点から考えた場合ですけどね。
当方、個人ではアフィリエイトで月収100万円以上、
その他複数ジャンルの会社を経営しているものです。参考までに。>

今住宅ローンの借り換えの仮審査が、イオン銀行と横浜銀行でとおりました。

今住宅ローンの借り換えの仮審査が、イオン銀行と横浜銀行でとおりました。
下記の保証料と今後の金利の下げ幅でどちらがお得か教えてくださいm(__)mイオン銀行は保証料がなく、今後完済まで金利を-1%下げてくれます。
(現在の変動金利2.36)横浜銀行は保証料が37万円で完済まで金利を-1.55%下げてくれます。
(現在の変動金利2.475)よろしくお願い致します。
補足金利は両銀行とも今現在の変動金利で、24年で完済するものと考えた場合で教えていただけたらと思います

この手の質問でのポイントは金額、金利、期間なんです。
本件質問のポイントはイオン1.36%(2.36-1)横浜0.925%(2.475-1.55)この0.435%(1.36-0.925)の差と37万円の支払いとどっちがお得かということですね?借入金額がわからないとお答えできないことおわかりですね?補足お待ちします。

土地付き太陽光の購入を考えています。

土地付き太陽光の購入を考えています。
そこで、土地代もローンを組む方法はありますか?

個人ですか?法人なら銀行系や横浜市が支援してますが、個人の場合は太陽光発電住宅程度にとどめておいたほうが良いと思います私はマンション住まいなので設置できません。
なので太陽光発電銘柄の株を買って配当金を得ていますこういうプロジェクトもありますtaiyoukouhatuden.information.jp/project/

-横浜銀行ローン

© 2020 お金で買える幸せは全部買え